ギュラ&みゆきのダイアリー

プロフィール

ニャリみゆき

兵庫県西宮市出身。 高校在学中より子供ミュージカル劇団に所属。ミュージカル女優を夢見て大阪音楽大学声楽科に入学。音大在学中よりMC(司会)、モデルなどの勉強を始める。
音大卒業後は子供達にピアノを教え始める。またプロ社交ダンサー(JBDF)としても活躍。歌の成長が遅かった為、20代は歌以外の様々な経験を積む。
2004年より自身のプロデュースで、ニャリ ギュラ氏とディナーコンサートを始める。また2006年にGM Art Grace(株)を設立。
ゾルタン・コチシュのソロピアノコンサート
 今日はギュラの友人でもありハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団の指揮者であり作曲家、ピアニストのゾルタン・コチシュの13年ぶりの日本でのソロピアノコンサートを観に東京オペラシティコンサートホールに行きました。私はゾリ(愛称)のピアノコンサートを鑑賞するのは初めてでしたが、とても素晴らしいコンサートでした!!指揮者だけあってまるでオーケストラの演奏を聴いているくらいダイナミックな演奏でした。コンサート後のゾリはサッサと私服に着替えてホテルに戻り私たちはゾリと一緒に遅い夕食を食べました。
f0019063_1554118.jpg

いつの日かゾリとピアノコンチェルトが演奏できる日を!
[PR]
# by gm-artgrace | 2006-06-28 23:45 | GMフレンズ
田崎真珠(株)のBGM演奏
 今日は神戸ポートピアホテルで行なわれた田崎真珠のイベントでのピアノBGM演奏の仕事でした。田崎真珠のイベントのピアノBGM演奏の仕事は今回で2回目ですが今回もお客様には大変好評をいただきました。5ステージめはコンサートの様な雰囲気になりギュラの演奏を聴くために再び戻っていらっしゃるお客様もいて大変和やかな雰囲気になりました。
ギュラの演奏の素晴らしいところはとにかく音が綺麗で繊細なところから情熱的なところまでのダイナミクスが非常に大きいところ、特に歌わせる曲に関しては<間>が素晴らしい、足を見てもペダルの使い方がとても上手で聞き手のハートをつかむ音楽を奏でます。私も含め聞き手をうっとりさせてそして癒してくれます。彼の人柄も素晴らしく日本人以上に腰が低く心優しさを持っています。今日もギュラのファンができました。こうして少しずつギュラの音楽に感銘してくれるファンを広げていっていつか大きなコンサートホールでのソロリサイタルが実現できることが目標です。
f0019063_12291935.jpg

f0019063_1230551.jpg

[PR]
# by gm-artgrace | 2006-06-25 23:12 | GM Art Grace
ハンガリーワインの試飲会
 今日は北野クラブソラにて7月28日(金)に行う大人の男と女の夜会でお客様に提供するハンガリーワインの選定会を行いました。 今回は協力の讃久商会から送られてきたギュラのおすすめの赤ワイン5本と白ワイン5本の計10本中から北野クラブの方とギュラとで試飲しました。 私は去年の2月に初めてハンガリーに行ってハンガリーワインの美味しさにビックリしたのですが今日は北野クラブソラの方がハンガリーワイン、とりわけ赤ワインの美味しさにビックリしていました。
f0019063_11423227.jpg

10本のワインの中から5本を夜会用にセレクトしました。
f0019063_11435277.jpg

素敵な夜景と音楽とダンス、そしてハンガリーワインと北野クラブソラの自慢の美味しい料理、どうぞ<大人の男と女の夜会>にお越しください!
[PR]
# by gm-artgrace | 2006-06-21 23:35 | GM Art Grace
レコーディングスタジオ
 7月21日(金)にザ・リッツカールトン大阪で行われるジーエムアートグレイス㈱のオープニングレセプションパーティーではご来場のお客様にはもれなくギュラのCDプレゼントをする予定ですが、今日はそのCDのレコーディングの為のスタジオの見学に行きました。新大阪にあるスタジオは交通の便も良く設備も整っていました。ただピアノがヤマハなのですが、試弾をしたギュラが比較的長い間ピアノを弾いていたのでOKでした。彼は気に入らないピアノはすぐに弾き止めてしまうので、スタッフの方もほっとした様です。
f0019063_1228099.jpg

f0019063_12282433.jpg

さて何の曲をレコーディングするのかは・・・分かりません。彼はその日、その時の気分で演奏曲を決めるプレイヤーなのです。例えば演奏会を行う前夜までプログラムを教えてくれなっかたり・・・。ですから彼の場合プログラムはあって無い様なものなのです。ですから、私の司会・進行は不可欠なのです。司会も大変!!私は彼に出会って私の中にある常識がことごとく潰されるというか、天才(うさぎ)と凡人(かめ)の間にあるカルチャーショックを受けました。うさぎさんはまさしくギュラで普段はいたってのんびりでピアノの練習もあまりしないで(私にはそう見える)本番にのぞめる、といった感じで私はかめさんタイプですのでまず演奏曲と構成を考えてその曲を日夜コツコツ練習するのです。ギュラのレパートリーも幅広く、よく得意な曲は何ですか、と聞かれますが、私の答えは<何でも!!>。バロックからジャズまで、即興も出来るピアニストですからその才能は計り知れません。ただ、彼には問題があって本人いわく右手がパーフェクトに動かない問題を数年前から抱えていてそこから彼のヨーロッパでのキャリアはストップしました。そして彼は今、日本にいます。そして、日本で東洋医学のメッソドで定期的に治療を受けながら日本をひとつの基盤として活動しています。右手の問題は本人以外は全く分かりません。ギュラの才能はもとより彼は<心あるピアニスト>なのです。今日のスタッフの方も彼の奏でる音楽にただ者ではない何かを感じたと言っていました。
さて、7月28日の<男と女の夜会>では1部では彼の即興演奏(プログラムは未定)、2部ではアルゼンチンタンゴをお楽しみいただけます。どうぞお越しください!!
[PR]
# by gm-artgrace | 2006-06-13 23:55 | GM Art Grace
アサヒ住宅㈱井上ご夫妻
 今日は私とギュラの友人で心強い応援者でもある井上ご夫妻が奥様のよし子様が作られたフリザーブドフラワーのアレンジのプレゼントを持って遊びにきてくれました。
私の自宅件事務所(ジーエムアートグレイス)の家具はアルフレックスで揃えましたが、見立てていただいたのも井上ご夫妻でした。住まいに関しては心強い味方です。
f0019063_11502418.jpg

左側がアサヒ住宅㈱の井上光弘氏
f0019063_11513791.jpg

左側が手前にあるフリザーブドフラワーのアレンジの作者である井上よし子さん
私たちの2004年度のディナーコンサートの時の卓上花も素敵にアレンジしてくれました。
[PR]
# by gm-artgrace | 2006-06-10 23:41 | GMフレンズ
税理士 高田美和会計事務所開業祝いパーティー
 今晩は友人の税理士、高田美和さんの開業祝いパーティーに招かれて私はパーティーの司会、ギュラがお祝いの意味を込めてピアノの演奏で華を添えました。
f0019063_12465528.jpg

f0019063_12471450.jpg

f0019063_12474030.jpg

左側が税理士の高田美和さん、右側がシンガーの南方エミさん
高田美和会計事務所℡06-6253-3316 http://www.bw-kaikei.com
[PR]
# by gm-artgrace | 2006-06-08 23:33 | GMフレンズ
君島十和子さんのお誕生日会にて
 私は君島十和子さんのファンクラブ・フェリーチェトワコメンバーズクラブ会員なのですが、今日は東京の西洋銀座ホテルで行なわれた十和子さんのお誕生日会に出席しました。
私は十和子さんのファンでもありますが、それよりも興味があるのはこの会で行なわれるイベントに出席することです。どの様な会場で、どの様な内容で、どの様な人が集まるのか。
初めてこのクラブのイベントに参加したのはギュラが東京でのコンサートを行なうきっかけとなった1月にシティクラブオブ東京で行なわれた新年会でした。その時に興味深かったのがファンクラブのメンバーの女性達で、十和子さんに憧れる方々の集まりですから、お洒落な品のある女性の多いことに興味を引かれ、十和子さんがなぜ女性に好かれるのか私なりに見出していこうと思いました。もっぱらファンの方からの十和子さんの質問はコスメ(化粧品)や美に関することが多いのですが。
私は十和子さんのファンクラブ向けのイベントは今年に入って東京・大阪と3回参加していますが、いつも冷静に見ているのは場の雰囲気です。ファンクラブの会員同士の交流は何度か顔を合わせる度に笑顔や会話が増えてはいますが、まだまだスーパースター十和子さんとの壁は厚そうです。
私がもうひとつ関心を持っているのは旦那様である君島誉幸氏のサポートです。このご夫妻も2人3脚で一緒に事業を営んで歩んでいるご夫婦で立場的には私たち夫婦とよく似ている様な気がします。
十和子さんの傍らにはいつも誉幸氏、といった感じです。
f0019063_17474196.jpg

会場となった西洋銀座
f0019063_17482326.jpg

十和子さん40歳のお誕生日ケーキ
f0019063_17533139.jpg

[PR]
# by gm-artgrace | 2006-06-03 23:26 | その他
エルネスト&リカのステージ
 今晩は西宮市・夙川にあるカフェ・ラティーノで行なわれたエルネスト&リカのタンゴパフォーマンスを観に行きました。
実はエルネスト&リカのパフォーマンスを観るのは私は初めてでエルネストさんのハンサムな顔とリード(導く)とリカさんのしなやかな動きに感動しました。エルネスト&リカさんは私の社交ダンス競技仲間だった祐子ちゃんの紹介だったのですが、一度もエルネスト&リカのパフォーマンスを見ないでそれこそ直感で7月28日(金)北野クラブソラで行なわれる大人の男と女の夜会のゲストに決めていましたが、私の直感は正しかったことを今日実感しました。スタイルの良いリカさんのダンスは気品があり、まるでタンゴ版荒川静香!といった感じです。ギュラのピアノに合わせて踊る2人の姿はきっと観客の皆様に大満足していただけることでしょう!
f0019063_1140513.jpg

左からエルネストさん歌手のロベルト・デ・ロサーノ氏、ダンスアーティストの藤島祐子さん、ギュラ、リカさん
[PR]
# by gm-artgrace | 2006-05-19 23:23 | GMフレンズ
明楓(めいふう)
 今日はギュラの結婚ビザ取得の為、神戸の入国管理局に行ったのですがその帰りに行った中華料理店の明楓を紹介します。この店は各月私が勉強している風水セミナーの合間のランチでよく利用していた店ですが、初めて夕食で利用しました。
日本人の旦那様シェフと中国人の奥様の二人でなさっているこのお店はとてもアットホームな雰囲気です。お料理も家庭的でおいしいのでおすすめです。その上、お二人の性格がとても親しみやすくてGOODです!
f0019063_1158929.jpg

明楓Tel. 078-341-5306
[PR]
# by gm-artgrace | 2006-05-18 23:47 | 国際結婚 
どうしたらふさわしいパートナーに出会えるのか
 先日お見合い結婚のマナー基礎知識の管理人のスローCD様からこのブログを読んで感動しました、とメールをいただきました。ありがとうございます。
私もまれにどうしたらふさわしいパートナーに出会うことができるのか質問を受けますが、<直感力>だと思います。結婚や恋愛だけではないのです。仕事においても、全てのことにこの<直感力>は通じます。チャンスが来たら逃がさないことです。どんな人でもチャンスは平等に与えられます。それをチャンスと受け止めるのか、逃してしまうのかは直感力しだいです。直感力は理屈ではないので理屈でものを考える人には難しいかもしれません。
直感力を磨くための一番簡単な方法は瞑想です。もしくはいひとりで静かに考える時間を持つ=心の声を聞くことです。心の声?!なんて言っている人は理屈の人なのです。直感力は誰でも持っています。霊感もそうです。それに気づくか気づかないだけです。
結婚に関しても恋愛か見合いかはその人の性格で大体どちらに向いているかは判断できます。直感でものごとをすすめる、要は私の様な行動派(能動的)は恋愛、過去恋愛に挫折を何度も味わった人で受動的な性格の人はお見合いが良いでしょう。私のようなタイプはたとえ挫折感を味わってもすぐに切り替えが出来るのですがそうでないタイプであれば紹介から入った方が安心感があります。見合いから恋愛をすれば良いのです。
そして大事なのはただ、<結婚したいから結婚する><結婚してステイタスを得る>類の動機の結婚は離婚に至る確率が非常に高いです。結婚したいから結婚する、という動機ほど危険なものはありません。相手に出会って初めてそう思うものなのです。そして幸せになりたい、これも危険です。そうではなくて<幸せにしてあげる=無条件の愛>です。特に女性は男性を立てる役割を担っています。男性は女性の支えがあってこそ本当の意味での立派になれるのです。女性は男性にはなれません。男性もまた女性にはなれません。ですから男女は併せて<人>です。これがパートナーとできるのかが一番大事なことなのです。
そして、今は良くなくても将来性を感じる(まさにギュラがこのパターンです)なら貴方の先見性を信じてGO!です。私はギュラをパートナーに選んだのは私の賭けでもありました。こちらは最初は苦しいけど育てる楽しみがあります。株を選ぶ様に人を選べ、とも言います。この手法は従業員を選択する助けにもなるでしょう。全ては<直感力>です。
直感力は脳からですから汚い空間より豪華で優雅な空間は脳に良い刺激を与えます。
そして質の悪い食べ物より質の良い食べ物です。また、周りに批判される人を置くより応援してくれる人を置くことです。脳にも心にもたくさんの味方をつけましょう!
[PR]
# by gm-artgrace | 2006-05-16 16:09 | その他


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧