ギュラ&みゆきのダイアリー

プロフィール

ニャリみゆき

兵庫県西宮市出身。 高校在学中より子供ミュージカル劇団に所属。ミュージカル女優を夢見て大阪音楽大学声楽科に入学。音大在学中よりMC(司会)、モデルなどの勉強を始める。
音大卒業後は子供達にピアノを教え始める。またプロ社交ダンサー(JBDF)としても活躍。歌の成長が遅かった為、20代は歌以外の様々な経験を積む。
2004年より自身のプロデュースで、ニャリ ギュラ氏とディナーコンサートを始める。また2006年にGM Art Grace(株)を設立。
<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ピアノレッスン
 今月から途中編入してきた小学生のピアノの生徒さんのレッスンをギュラと二人で役割分担をしてレッスンしています。

彼はコンクールにも入賞経験のある、とても良く弾けるお子様なのですが、理論的なことなど、まだまだ足りない部分があるので、私が理論を1時間、ギュラにピアノを1時間で、計2時間のレッスンですが、二人で役割分担して教えています。

こういうレッスンの形は一番理想のレッスンの形です。

理解力も早く、教える側としては教え甲斐のある生徒さんです。

ピアノを弾くといっても弾く前に理解しなければいけないこともたくさんあります。
和声のことはもとより、弾く前にその曲を分析し、作曲家がその曲をどの様に表現して欲しいのかを読み取り、表現しなければなりません。
そしてその曲が生まれた時代・背景のことも。
ある程度弾ける様になっていろんな曲と向き合ったときに、手法より奥深くにある精神を読みとっていかないと、壁にあたります。

私は西洋の人と一緒になったので、その部分の違いをとても良く感じます。
それが西洋と日本の教育の違いでしょうか?
精神の教育ってとても大事だと思います。

音楽教育、またこれから行っていくコンサート活動で伝え、育てていかなければ、と思う教育です。
[PR]
by gm-artgrace | 2011-03-26 14:49 | GM Art Grace
青谷愛児園(神戸市)でコンサートをしました
 今日は青谷愛児園(神戸市)で30分コンサートをしました。
3月に卒園する生徒のお別れ会のゲストで演奏しました。

最初は春の童謡メドレー
f0019063_1844818.jpg

次は動物の歌を数曲みんなで楽しく歌いました。
f0019063_1855673.jpg

私の作詞・作曲した童謡の曲を初披露しましたが、みんなもノッてくれました。
f0019063_1865276.jpg


8月7日(日)14時から兵庫県立芸術文化センター・小ホールで
夏休み親子のための童謡コンサートを行います。
みんなで楽しく歌ったり、体を動かしたり、の参加型のコンサートの予定です。
それに合わせてどうようCDも出版できる様に準備を進めています♪

私達が普段、幼稚園・保育園コンサートでしていることをホールで行います。
詳しいご案内は4月に掲載予定です♪
[PR]
by gm-artgrace | 2011-03-16 18:02 | 幼稚園・保育園コンサート
音感レッスンを始めました
 実はHPには掲載しているもののミュージックスクールの運営は若干数の生徒を除き、ここ数年新規生徒の募集は控えて、とても細々と運営していたのですが、
今日からHPをご覧になってお問い合わせのあった3歳児2組の親子さんに音感レッスンを開始しました。

私が尊敬する芸術の師匠、椙山先生から学んでいる音楽の本質のレッスンですが、
やってみて、やっぱり火がつきました♪

このレッスンはやらねば!!!と。

兵庫県内ではこのレッスンをしている先生はいないと思います。それ位貴重なレッスンなのですが、
とても私がパワーを使うレッスンなので、ここ数年は控えていました。

椙山先生から教わっている音感レッスンはCDからDVDから音楽のシャワーを1時間の間にたくさんして、体感するレッスンです。音楽だけでなく音楽を中心にした総合芸術講座の様なものです。

ピアノを専門に学ぶ予定のない方でも受講可能で、子供が賢くなる音感レッスンです。

今日の生徒2名も始めは照れて嫌がっていたのに、反応と吸収力が良かったです。

実はこのレッスンを体系化して幼稚園や保育園でできないかと構想はしていたところですが、
園にプロジェクターかテレビ&ビデオがないとこのレッスンはできないので、まだ園には打診できないでいました。

このレッスンは子供が賢くなるレッスンだと、改めて思いました。

グローバル化で語学レッスン(英語)を重視される方は多いです。
コミュニケーションする上で語学習得は必須ですが、では何を話すか?
得にヨーロッパではまだまだ知性・教養が重視されます。
日本で勉強する歴史とヨーロッパ人が勉強する歴史の量と質は全然違います。
それは私がヨーロッパ人と結婚しているので痛感しています。

そういう歴史を含めたレッスンを音感レッスンではします。
なぜかというと音楽と歴史は切り離せないからです。
もっと大きくいうと、音楽・美術・文学・建築・歴史・哲学、すべてひとつなのです。

椙山先生が教えるレッスンは先生唯一のものです。先生の様に教えることができる先生は他にいません。

今日久しぶりに音感レッスンをしてみて、このレッスンの重要性を改めて感じました。

私がいろんなピアノ教本、教育メソッドを研究し、最終的に本質を見出したレッスンが音感レッスンです。

1レッスン1時間、親子で3000円、3歳(お話ができる年齢)から音感レッスン受講可能です。
[PR]
by gm-artgrace | 2011-03-01 23:23 | GM Art Grace


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧