ギュラ&みゆきのダイアリー

プロフィール

ニャリみゆき

兵庫県西宮市出身。 高校在学中より子供ミュージカル劇団に所属。ミュージカル女優を夢見て大阪音楽大学声楽科に入学。音大在学中よりMC(司会)、モデルなどの勉強を始める。
音大卒業後は子供達にピアノを教え始める。またプロ社交ダンサー(JBDF)としても活躍。歌の成長が遅かった為、20代は歌以外の様々な経験を積む。
2004年より自身のプロデュースで、ニャリ ギュラ氏とディナーコンサートを始める。また2006年にGM Art Grace(株)を設立。
<   2008年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
神戸にあるドイツ料理レストランローテローゼで至福のひととき
 今日は友人の建築家の方と神戸のドイツ料理店ローテローゼで久しぶりの会合。
その建築家の方とは私が小学生のころから長~いお付き合いのある方で私が社会人になってからは月に1度は会合を開く仲になり、今ではギュラもお世話になっている恩人でもあります。
年齢は離れていても同じ目線でお互いの人生また人生観を語り合える素晴らしい関係です。
その建築家の方と約1年ぶりに美味しいドイツワインと料理ともに話が弾みました。

ローテローゼは何度か行ったことはありますが今回初めてドイツワインの美味しさに感動しました。
お料理に合わせて毎回違うグラスワインがサービス(料理とワインとの相性)される、ギュラも提唱していたこのスタイルはやはり最高です!
話に夢中で写真を撮り忘れてしまったものもあるので全てお見せできませんが。
まずはじめに前菜と白ワインがサービスされ
2皿めにはかぶらのスープと別の白ワインがサービスされました。その白ワインがマスカット風味で酸味もあり美味しかったです。(ハンガリーワインにもこれと良く似たワインがありますが)
f0019063_2148739.jpg

そして3皿めは魚料理
f0019063_21484888.jpg

そして肉料理に2本の赤ワインがサービスされました。
f0019063_21493380.jpg

デザートのケーキで建築家の方のお誕生日祝い
f0019063_21504594.jpg

最後の締めはデザートワイン (ハンガリーのトカイも負けてられません!)
f0019063_21522932.jpg
 
ギュラの提唱する料理に合わせて毎回違うグラスワインをサービスする、このお任せのコース料理は至福の贅沢のひとときでした。
[PR]
by gm-artgrace | 2008-02-28 23:56 | GMフレンズ
4月19日(土)のスプリングコンサートのお知らせ
 4月19日(土)世良美術館(神戸市)でのスプリングコンサートですが、チケットは好評発売中であと残席は40席ほどです。

コンサートプログラムは1部は日本歌曲でジーエムアートミュージックスクール代表生の美帆ちゃんとわらべうたの2重唱などもします。
2部では当初オールリクエストで演奏予定でしたが、4月17日のマタニティーコンサートでも一部演奏するのですが、2部のはじめはシューマン作曲の<女の愛と生涯 Frauenlieve und Leben>全8曲を演奏します。
この<女の愛と生涯>は私が大学生のときに内容を深く理解する講義があったのですが時には涙を流しながら、感動しながら先生の講義を聴いて、もう一度受講したくて同じ講義を2年間聴いたという私の大好きな曲集です。

初めて恋をした少女がその男性と結婚し、出産し、最後は夫に先立たれるまでを描いた曲集です。私がずーっと歌いたかった曲集でギュラと初めて伴奏合わせをしたときに初めて渡した楽譜が<女の愛と生涯>でした。そのときは一度だけ一緒に練習しました。
10年以上前からあたためてきた曲がやっと今解禁されます。
きっと<女の愛と生涯>を演奏する<時>なのでしょう。どうぞご期待ください!
[PR]
by gm-artgrace | 2008-02-26 15:15 | GM Art Grace
You Tube にアメイジング・グレイスアップしました
 You Tubeに私のコンサートの映像をアップしたら、と数人に薦められていたのですが、登録の仕方などわからなかったので、今日はHPデザイナーの井上さんに手伝ってもらってHPからの引用でアメイジング・グレイスを30秒だけですがアップしてみました。ご覧ください。
検索エンジンでYou Tubeを出してニャリみゆきでご覧になれます。

副題・愛の道は夫婦となって二人が築き合う愛の道です。私の友人のとみながやすゆき氏の作詞ですがまるで私達夫婦の人生の様でコンサートでは毎回歌っています。
夫婦生活はチャレンジの連続ですが大変な中で得られる大切な宝物、大切に歌いたい歌です。
[PR]
by gm-artgrace | 2008-02-25 21:14 | GM Art Grace
国際結婚=世界平和
 ギュラがハンガリーに帰国してからはや2週間が経ちますが、ひとりでの生活は大充実です!自分自身を見つめ、ギュラとの関係性も見つめ、今年の春と秋のコンサートのコンセプトを煮詰める、それはそれは充実したよい機会です。

先日ある初対面の方とお話していて、私の歩んできた人生や人生観などを話すと相手の方は泣くほど感動なさっていました。(私は自分を語ると良く人に感動されます)
そしてその方は国際結婚の意味を語られました。
国際結婚ほどチャレンジが多いけど素晴らしいものはない、と。

ギリシャ神話の時代からこの世は戦いの歴史でした。違国はもとより同じ国の人間同士までもが戦い、殺しあう、何千年も繰り返されてきた戦の歴史。そして今があります。
結婚は因縁解消とも言われていますが、結婚することによって相手、相手の家族、また国をも受け入れる、結婚の意味は実は奥がとても深いのです。
日本とハンガリーはもともと起源はアジア民族です。同じ国民だったのです。
ですから国際結婚=世界平和に貢献することになるのです。

人類皆兄弟という言葉の通り皆本当は平等です。物質的に見ると貧富の差などいろいろ与えられるものは人によって違いますが、この世に生まれてくることだけでも素晴らしいチャンスをつかんだということです。そして生きる環境は人それぞれに神から与えられ、また出会う人も神から与えられ、自分の人生を全うするプログラムがそれぞれに与えられるのですが、結婚は重要な仕事のひとつ。しかも国際結婚は世界平和貢献の意味もあると聞いて感動しました。

私は出会う人には本当に恵まれていて、その時に必要な素晴らしい出会いがあり、学びも多いです。そして自分が人を通して、また自分の人生を通して学んだことをまた私を必要としてくれる人に出会ったときに伝えています。

また、音楽家とスポーツ選手は死後、良い霊界に行けると言われています。
なぜなら彼等の存在が人を癒し、また勇気を与えこの世を潤わせてくれるからです。
ですから私達は国際結婚をし、ともに音楽家ですから私達に与えられた任務は大きいのです。
そう考えると人生は素晴らしいものになりますね!!
[PR]
by gm-artgrace | 2008-02-23 16:31 | 国際結婚 
パニック症候群の女性の生徒さんの声楽レッスンのその後
 私は昨年の12月からパニック症候群の40代女性の生徒さんの訪問声楽レッスンをしています。はや3か月が経ちました。いつもレッスンの前にはカウンセリングをしていますが彼女はみるみる明るくなり、社会復帰まで考えられる程前向きになりました。

私は彼女の病気を治すことを始めから宣言していましたが、私の予見通り毎週会うごとに明るくなる彼女の顔は私も見る度に嬉しくなります。レッスンの方は少しずつ体力もついてきて声も出る様になりました。
彼女のレッスンは私はリハビリレッスンと呼んでいますが、まずは彼女の話に耳を傾け、そして私がちょっとした発想の転換のアドバイスをするだけ。彼女と私の間には絶対的な信頼関係があり、彼女は私の話も素直に聞いてくれます。この信頼関係と彼女の素直さが病気を克服する一番の要素だと思います。はじめはマイナスの発言が多かった彼女ですが、今は随分減りました。
彼女は私の持つポジティブエネルギーにどんどん導かれていくと言います。

彼女がいつか病気を克服したときは、今度は私の立場になって悩んでいる人の助けになる(=為に生きる)ことを目標にカウンセリングレッスンをしています。
彼女の変化を毎回のレッスンで楽しみにしています!
[PR]
by gm-artgrace | 2008-02-21 19:49 | GM Art Grace
過去のコンサートの映像を観て・・・
 今日たまたま過去のコンサート映像のDVDの整理をしているときにふと過去のコンサート映像が観たくなって、2004年に初めて行ったディナーコンサートの映像や2005年の2回目のディナーコンサートの映像を観て感動してしまいました。
昔の私の歌は今よりも下手だ・・・と思って観てみたのですが、今と変わらず、またしても自分の声に癒されてしまいました。
ギュラは2004年のときから比べると約20kg成長していますのでカップク良くなっていますが、当時は病弱でしたので今の方が健康的で良いと思いました。
二人の雰囲気は2004年当時からとても良いのですが、結婚前の彼は私の演奏に対してとても厳しく、私の歌い方ではピアノが弾けないと何度も練習を一方的に中断されて、私がそれに神経質になって声が出なくなることもありました。
結婚後は妻は強し!彼がどう弾こうが私はこう歌う、と自分のポリシーを強く持つ様になったので彼が少しずつ合わせてくれる様になりました。でも彼は今でも時々本番に私がビックリする様な伴奏を弾くこともありますが・・・。
時には情熱的な彼の伴奏に私が淡々と乗るこのパターンはどうやら妙に調和がとれていて客観的に観て面白かったです。
今は距離も離れて冷却期間中ですが私の歌はギュラの伴奏に助けられてというか引き立てられていると改めて感じました。
夫婦での演奏活動は大変なこともいろいろありますが、私が昔の映像などを客観的に観ることによって改めて二人の関係性について考える良い機会になりました。
[PR]
by gm-artgrace | 2008-02-17 23:58 | その他
ギュラが帰国すると・・・
 ギュラが帰国する度に、ギュラ不在の間の私のスケジュールは仕事の打ち合わせ、友人・知人との会食、事務作業などが決まって増えて、不思議ですが、大充実します!!

10月4日(土)には初めての300人ホールコンサートを行いますが、今まで以上に増して、素晴らしい意味のあるコンサートにするべく、知恵を絞っております。
私は自らが企画する1つ1つのコンサートにメッセージを考えているのですが、10月は<親子の絆と日本の故郷>にターゲットを置いて、ご来場されたお客様が良かったね、楽しかったね、と言っていただける温かいコンサートをイメージして企画中です。

GMに賛同してくれるパートナーの輪も少しずつ広がってきて、コンサートの企画に合わせる様にいつも必要な出会いが用意されています。それは不思議な現象です。

4月19日(土)の世良美術館でのスプリングコンサートはフレンドリーコンサートの様なもので、GMの仲の良いお客様に囲まれて・・・といったイメージのコンサートです。それに対して秋のホールコンサートはビッグな企画ですがまたGMの成長するチャンスと思って取り組んでいます。

4月17日(木)には森永乳業様から依頼されているマテニティーコンサートを尼崎ピッコロシアターで行いますが、このコンサートは10月のコンサートに繋がる大事なステップのコンサートです。この仕事は偶然でなく必然で依頼されたコンサートです。ひとつひとつのご縁が私にとって大事です。演奏しながらまたいろいろ感じるのだろうな、と思いつつ、楽しみにしています。
[PR]
by gm-artgrace | 2008-02-15 11:39 | GM Art Grace
ギュラが今日ハンガリーに帰国しました
 突然ですが今日ギュラがハンガリーに帰国しました。
帰国理由は簡単にいうとホームシック、リフレッシュ、勉強、仕事といったところでしょうか。4月上旬に帰国予定です。
ギュラにご依頼されていた仕事やお約束のキャンセルでご迷惑をおかけした方には心よりお詫び申し上げます。

国際結婚して2月14日で2年が経ちましたが、国際結婚は芸術と同じで見た目は美しいですが実際はとても大変です!!!
私自身にも例えることができますが、水面上では優雅に泳いでいる様に見える白鳥の水面下では思いっきり足ばたばたで必死に泳いでいる、芸術も国際結婚もそんな感じです。
結婚は試練の連続と言われていますが、日本人同士の結婚でも大変なのに言葉や習慣や文化の違いのある国際結婚は試練も大きいのです。
まして結婚当時の彼は無一文の芸術家、私の負担は並みならず、それを覚悟の上に結婚しましたが想像を絶することがたくさんありました。
それでもここまで乗り切ったのは私が究極のポジティブ人間で、苦を楽にするエネルギーが人一倍あったからだと思います。
対して彼は私とは真逆の性格の持ち主ですから私はこういうときにはこう考え行動するのに対し、私とは全く逆の発想をする彼の気持ちは私から見ると理解し難いものでした。私にとって彼自身が壁、また彼にとっても私は大きな壁だったことでしょう。
結婚のパートナーは大抵はプラスマイナス(陰陽)の関係ですからある程度は覚悟していたものの、その性格・性質の他に言葉の壁、文化・習慣の壁がついたての様に立ちふさがる訳ですから、それは大変なチャレンジです。
私は幸いにして日本にいて、家族や強力な理解者やサポーターに恵まれていますから、本当に周りの方々に助けていただきましたが、彼にとってはまだまだ日本は異国の地ですから、私以上の孤独は感じていたことでしょう。
それがあるときふと爆発して、今回の帰国に至りました。

しかしながら、どんなことがあっても私が一度決めた道ですから私はさじは投げません。
こうして会社も設立し、今日まで地道にセルフ・プロデュース、という形で歩んできました。
これもまた経験、経験は宝ですから、前向きに頑張ります!!

先ほども申しました通り、夫婦で芸術、国際結婚は見た目は美しいですが、中身は想像以上に大変です。だからこそ、お客様に真の何かを提供できるのだと思っています。
良いことばかりでなく、辛いことや悲しいこともこの様に私は公表することにためらいはないです。
苦難のなかに真の幸せがあるからです。そしてそれらも含めて芸術だと思っています。

私は結婚前は優雅な独身貴族でした。両親の愛に恵まれて育ちましたし優雅なことが好きでしたし、華やかな世界もいっぱい体験しましたし、お金の苦労はしたことがなかったです。
ところが結婚後はまずお金の苦労から・・・(とは言っても見た目は優雅に見られますが水面下では・・・!!)そして旦那の苦労から・・・結婚してからは苦労(というかチャレンジ)の連続でした。
ある方からは私らしい道を選んだね、と言われ、ある方には大変な道を選んだね、と言われ。
でもどんな苦労も肥やしにしてしまうのは私の強さでもあります。
この苦労が良い形で歌に反映されてきました。私の歌に<癒し>があるのはきっとこの苦労(チャレンジ)も結果的に生かされているからだと思います。

そして夫婦という形での演奏は多くの方からの共感を得ています。それは夫婦生活の積み重ねから、お客様には何かが伝わっているから美しく見えるのではないかと思います。
まだまだ夫婦としてまた人間として未完成な部分の多い私達ですが、日々努力をおこたらず、より素晴らしいステージをみていただける様、精進します。

私達のステージをぜひご覧ください。
[PR]
by gm-artgrace | 2008-02-11 20:49 | 国際結婚 
4月17日(木)にマタニティーコンサートを行います
 今日は関西でも珍しいくらいの雪景色です。(GMハウスより撮影)
f0019063_17261545.jpg

森永乳業様からの依頼で4月17日(木)2時から尼崎市のピッコロシアター小ホールでマタニティーコンサートを行います。
プログラムもおおよそ決めて(早い!)本番が楽しみです。
水面下では今年はいろいろと計画中で今年1年も充実した1年になりそうです。
今年もまたステップアップしたみゆき&ギュラをご覧いただける様努力します。

4月19日(土)のスプリングコンサートですがそろそろ席が動いてきております。
今回も完売が予想されますのでご予約はどうぞお早めに!
スプリングコンサートではギュラ自慢のハンガリーワインが赤・白グラスでお楽しみいただけます。(1グラス500円の予定です)
[PR]
by gm-artgrace | 2008-02-09 17:33 | GM Art Grace
日本ギロック協会の16周年パーティーに参加しました
 今日は日本ギロック協会のパーティーに参加しました。

ギロックというのは今やピアノの教則本のひとつとなっている人気の高いアメリカの作曲家です。ギロックはもうあの世の作曲家ですが、ギロックの最後の弟子のひとりである安田裕子会長がギロックの曲を日本中に広めて16年、今では全国の各地にピアノの先生方のギロックを学びあうサークルができています。今日も北は北海道、南は九州のギロック協会員が集まり、ギロックコンサートとパーティーが行われました。
f0019063_17241036.jpg

私達も飛び入りでギロックの曲を演奏しました。

ギロックの楽譜を出版するにあたり安田会長がお世話になった門田氏が、ハンガリーの楽譜を新しく出版したいということで楽譜の編纂をギュラにご依頼なさってきました。
そういった新しい出会いもあったパーティーでした。
f0019063_17242668.jpg

左前から私、安田裕子会長、これから一緒に仕事をする楽譜編集出版社の門田たま子氏
[PR]
by gm-artgrace | 2008-02-03 23:14 | その他


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧