ギュラ&みゆきのダイアリー

プロフィール

ニャリみゆき

兵庫県西宮市出身。 高校在学中より子供ミュージカル劇団に所属。ミュージカル女優を夢見て大阪音楽大学声楽科に入学。音大在学中よりMC(司会)、モデルなどの勉強を始める。
音大卒業後は子供達にピアノを教え始める。またプロ社交ダンサー(JBDF)としても活躍。歌の成長が遅かった為、20代は歌以外の様々な経験を積む。
2004年より自身のプロデュースで、ニャリ ギュラ氏とディナーコンサートを始める。また2006年にGM Art Grace(株)を設立。
<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
オーラの泉
 私は江原啓之さんと三輪明宏さんのTV番組の<オーラの泉>が好きなのですが今日はスペシャル番組をしていたのを見ました。
毎回芸能人のゲストを招き芸能人を通してスピリチュアルメッセージを発信するのですが毎回見ていて勉強になります。
フジコ・ヘミングさんのゲストの時、彼女は突然耳が聞こえなくなったとき全ての人間をシャットアウトしたが、今は当たり前の様に大勢の前で演奏する様になってから<人を許せる>様になった、と。今の様にブレイクする前は苦労の連続だったのが正負〈+-)の法則で今はその苦労が音楽を奏でることによって報われた、と。きっと<人の痛みもわかる本当の意味での癒しのピアニスト>になったのでしょう。
長谷川理恵さんのゲストの時、亡くなった恋人に対する未練が恋人の成仏を妨げている、と言われていました。4月25日はJR事故の1周年にあたりますが、事故の遺族のためにもこの番組は良い助けになったのではないでしょうか。
<苦しみや悲しみをのりこえる>、ことは大変なことです。JR事故のご遺族には申し訳ありませんがきっと乗り越えることが試練なのでしょう。そしてそれを克服したときには素晴らしいギフトがあることと思います。それが現世でなかったら霊界で、もしくは来世で。
私たちは生まれてから死へのカウントダウンで<生かされて>います。どこで生まれてどんな人生を送るのかはある程度決められて生まれてきています。それは霊界で決められるのです。そして現世でどんなことを体験したかによって魂は磨かれていき(もちろん反対もあります)肉体が滅びれば(死)また霊界でジャッジされその人の霊界のランクが定められ、また輪廻転生していく訳です。
[PR]
by gm-artgrace | 2006-04-24 23:16 | その他
エルネスト&リカ
 今日は7月28日に行なう<大人の男と女の夜会>のゲストであるエルネスト&リカのアルゼンチン・タンゴとギュラのピアノの初合わせを神戸北野サーカスで行いました。ギュラのピアノとエルネスト&リカのダンスの相性はgoodで7月8日(土)夜に7月28日の夜会のプレ・イベントを北野サーカスで行なうことにしました。また追ってお知らせします。
f0019063_146077.jpg

[PR]
by gm-artgrace | 2006-04-22 23:06 | GMフレンズ
センチュリークラブ大阪にて
 今晩は友人の明美さんに誘われてセンチュリークラブ大阪でギリシャ人ピアニストのエヴァンゲロス・サラフィアノス氏のピアノコンサートとディナーの会に参加しました。
ご一緒した明美さんとは不思議なご縁で昨年の12月ギュラが田崎真珠のイベントでBGM演奏をした時の田崎真珠のお客様で、彼のピアノ演奏を聴いてファンになって今は心強い彼の応援者のおひとりでいらっしゃいます。(田崎での明美さんとの出会いは匿名で2005年12月26日の私のブログに書いています)
センチュリークラブはギュラが5月12日にコンサートを行なうシティクラブオブ東京の姉妹店です。
f0019063_13493421.jpg

エヴァンゲロス・サラフィアノス氏を囲んで
[PR]
by gm-artgrace | 2006-04-21 23:24 | GMフレンズ
日帰りの東京にて
 私は月に二度の東京往復生活を13年間続けているのですが、最初はピアノの教授法の勉強で通っていたのが29歳の時に歌のレッスンで通う様になり、今も歌のレッスンを兼ねて東京に通っていますが、13年前からずっと思い続けていたのが<仕事>で東京往復をすることでした。それが今になって実現してきました。ギュラと出会ってから私の運命は変わりましたが5月12日に東京で初めてのソロコンサートも行いますし(詳しくは演奏活動のページをご覧ください)、東京の方でも素晴らしいビジネスパートナーの輪が広がってきています。
今日は日帰りでしたが充実した一日でしたのでルンルンで青山通りを歩いていたら夕刻の7時過ぎの出来事でした。ひとりの女性が私とすれ違い様に私も薄ら覚えなのですが・・・<変わり目でいらっしゃいますよ>もしくは<輝いている>かそのあたりのことをぼやいていらっしゃったので、すかさずその女性に<今、何とおっしゃいました??!>と声をかけました。そしたらその女性は<今変わり目のときでいらっしゃいますよ><これからどんどん発展されていきますよ><人相がとても良い><額が輝いている>などと言われたので嬉しい言葉だな、と思ってその後青山を散歩して約10分後にまた再び同じ通りに出てきて歩いていたらまた同じ場所で違う女性に先ほどの女性とまた同じことをぼやかれたのでまた私はビックリ!!!してその女性に声をかけました。<10分前にもここで違う女性に同じことをいわれましたが、お知り合い??!>答えはNoでしたがその女性にも<人相・額がとても良い>ことと<今変わり目にある>ことと<これから発展していく>ことを言われました。
私はこれは神からのメッセージだと受け取りました。言われていることはまさにその通りでこれからどんどん面白いことが起こることを予感しています。
それにしても同じところで違う女性に同じことを言われるとは・・・!!!驚きました。
*もし私に声をかけた方でこのブログをご覧になられましたらコメントくださいね!*
f0019063_13572473.jpg

青山通りから見えるこの教会の屋根が気になって散歩していました
f0019063_13582311.jpg

5月にオープン予定のブライダルハウスでした
[PR]
by gm-artgrace | 2006-04-18 13:24 | その他
伍芳とデート
 今日は伍芳とランチをしました。伍芳は中国古箏(琴)奏者で神戸在住の美人アーティスト。
私と伍芳が仲良くなるまでには長~い年月がかかりました。最初の出会いは㈱パソナの南部社長様からご招待を受けたパーティーで二度面識があり、その後神戸ポートピアホテルで行なわれた伍芳のディナーショウでご一緒した建築士の瀬戸本様が伍芳の友人で(その日に抽選で伍芳の写真集が当たった)、それから瀬戸本様のご友人の出本様が伍芳のコンサートの企画をなさっていたりと・・・二人が近づくまでには二人の共通の知人が間に何人かいましてやはりご縁のある方だった伍芳!今はまさにその時!の様です。
神戸は狭し!と感じたのがランチの後に行った黒田氏のアトリエで驚いたのが私も伍芳も黒田氏の事を知っていた、ということ。これから先のお付き合いでまだまだ共通の友人・知人が出てくるかもしれません。
f0019063_13192411.jpg

f0019063_13194952.jpg

六甲にある黒田氏のアトリエにはオリジナルの作品がいっぱい
f0019063_13205760.jpg

森のきこりの様な黒田氏と
[PR]
by gm-artgrace | 2006-04-14 11:39 | GMフレンズ
日本語の先生
 今日はギュラが週に2度の日本語のレッスンでお世話になっている芳澤先生を紹介します。
ギュラは昨年の10月から日本語を習いはじめました。彼は耳が良いので教えることもすぐに理解でき、礼儀も良いと先生からも大変誉められています。最近は日本語でメールも打てる様になりました。先生から学ぶ美しい日本語のお陰で言葉遣いはとてもエレガントです。彼は音楽以外ではもともと腰の低い人で女性とお年寄りと子供にはとても優しくて例えばドアなどはドアマンの様にいつまでも他人のために開けている、ということもしばしば。エレベーターや電車に乗るときでも後から入り後に出るなど、私たちが忙しさの中で忘れがちな優しさや思いやりの精神を彼から教わっている様です。彼は日本人以上に日本人らしい人です。
f0019063_11293080.jpg

[PR]
by gm-artgrace | 2006-04-13 11:08 | GMフレンズ
京都の桜を観に行って
 今日は昼から私の両親とギュラの4人で京都の桜の鑑賞をしてきました。
嵐山から清水寺、円山公園と行ってきました。
最近は仏像に興味がでてきた私ですが桜とともにお寺まわりもできたのでリフレッシュできました。日本の仏像は素晴らしいですね。機会をみてまた美しい仏像探しをしても面白いかも!私が仏像に興味がでてきたのはひとつはパートナーが外国人だから、というのもありますが仏様ひとりひとりは生きていることを知ったからだと思います。良い仏様にお参りすると本当に力が授かるそうです。ただし善なる行動のみに仏様は味方してくれます。
f0019063_12124725.jpg

嵐山でこんなに可愛い夫婦地蔵を見つけました。
[PR]
by gm-artgrace | 2006-04-06 23:59 | その他
親子のコミュニケーション
 先日、私は新聞でこの様な記事を目にしました。<病児保育、広がる場> これは仕事を持つ母親に代わって病気の子供を預かる保育らしいです。私はこの記事を見て愕然としました。病気の子供こそ親の愛情が必要なのに!!いくら仕事といえども病気の子供を身内ならまだしも他人に預ける親の気持ちが私は理解できないしその様なシステムが盛んになるのは危ないと思います。ますます子供が渇愛になってしまいます。自分の子供が病気になったときは親の愛情を必要としている時で親が愛情をもって子供のケアをすることがアワを増やすチャレンジなのです。(4月1日のブログを参照ください)
 GM Art Grace Music Schoolの未就学児童を対象にした音感クラスでは親子での受講が必須です。それは親子のコミュニケーションのためでもありますし、子供を変えるのにはまず親が変わることが必要なのです。クラッシックの音楽にあわせて親子で歌ったり身体を動かしたり、オペラを観て親子で感動する。親子が同化することが円滑なコミュニケーションには大事なのです。
 
[PR]
by gm-artgrace | 2006-04-02 23:55 | その他
心のアワ量を増やす
 私の周りにはスピリチュアルな知り合いや友人が多いのですが、今日はまた友人を通してスピリチュアルな先生に鑑定していただきました。その鑑定内容よりも面白い話を聞いたのでお伝えします。
 それは今から約3万年~5万年前の日本人が直感した宇宙、物質の構造、生命の本質である哲科学でカタカナの親にあたるといわれている<カタカムナ>の話だったのですがそれによると・・・。
ココロ(魂の原子=生命力)からサヌキ(男性的気質)とアワ(女性的気質)に分かれ、サヌキ(男)とは活動的要素であり、アワ(女)とは思いやりや愛情などの感受性である。人が成長する為にはアワ(女)の量を増やすことが大事でアワは努力しなければ増えないものでアワ量を増やす為には様々な経験が必要でチャレンジを乗り越える力を養うと思いやりや愛情といったアワが増える。そのアワが軸となり更に豊かさを持ったサヌキになる。
つまり心豊かな人生にする為に人は努力して<人を通して>成長しなければならないのです。ですから多くの人と接することも大事です。良い影響を与えてくれる人に出会うことです。
 今の教育を例にとると頭(サヌキ)で理解するのではなく心(アワ)で理解できる様に指導者は導かなければなりません。今の教育はサヌキ型教育なのです。
韓国では今、情操教育に焦点をあてた子供塾が人気らしいです。幼稚園や小学生を対象に自主性や創造性、他人との協調性など精神面の育成をめざす事に親達の関心が集まっている様です。
GM Art Grace Music Schoolでも今のところお問い合わせが一番多いのは未就学児童を対象にした音感クラスです。3歳児の親御さんのお問い合わせが多いのですが、できれば3歳児、4歳児、5歳児とクラス分けしての親子のグループレッスンをする予定です。7月開講予定でまだ期間があるのでご興味のある方は体験レッスンを受けてみて下さい。体験レッスンは初回のみ半額で親子で1500円です。きっと得るものはあると確信しています。
[PR]
by gm-artgrace | 2006-04-01 10:18 | その他


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧