ギュラ&みゆきのダイアリー

プロフィール

ニャリみゆき

兵庫県西宮市出身。 高校在学中より子供ミュージカル劇団に所属。ミュージカル女優を夢見て大阪音楽大学声楽科に入学。音大在学中よりMC(司会)、モデルなどの勉強を始める。
音大卒業後は子供達にピアノを教え始める。またプロ社交ダンサー(JBDF)としても活躍。歌の成長が遅かった為、20代は歌以外の様々な経験を積む。
2004年より自身のプロデュースで、ニャリ ギュラ氏とディナーコンサートを始める。また2006年にGM Art Grace(株)を設立。
カテゴリ:その他( 235 )
親子のコミュニケーション
 先日、私は新聞でこの様な記事を目にしました。<病児保育、広がる場> これは仕事を持つ母親に代わって病気の子供を預かる保育らしいです。私はこの記事を見て愕然としました。病気の子供こそ親の愛情が必要なのに!!いくら仕事といえども病気の子供を身内ならまだしも他人に預ける親の気持ちが私は理解できないしその様なシステムが盛んになるのは危ないと思います。ますます子供が渇愛になってしまいます。自分の子供が病気になったときは親の愛情を必要としている時で親が愛情をもって子供のケアをすることがアワを増やすチャレンジなのです。(4月1日のブログを参照ください)
 GM Art Grace Music Schoolの未就学児童を対象にした音感クラスでは親子での受講が必須です。それは親子のコミュニケーションのためでもありますし、子供を変えるのにはまず親が変わることが必要なのです。クラッシックの音楽にあわせて親子で歌ったり身体を動かしたり、オペラを観て親子で感動する。親子が同化することが円滑なコミュニケーションには大事なのです。
 
[PR]
by gm-artgrace | 2006-04-02 23:55 | その他
心のアワ量を増やす
 私の周りにはスピリチュアルな知り合いや友人が多いのですが、今日はまた友人を通してスピリチュアルな先生に鑑定していただきました。その鑑定内容よりも面白い話を聞いたのでお伝えします。
 それは今から約3万年~5万年前の日本人が直感した宇宙、物質の構造、生命の本質である哲科学でカタカナの親にあたるといわれている<カタカムナ>の話だったのですがそれによると・・・。
ココロ(魂の原子=生命力)からサヌキ(男性的気質)とアワ(女性的気質)に分かれ、サヌキ(男)とは活動的要素であり、アワ(女)とは思いやりや愛情などの感受性である。人が成長する為にはアワ(女)の量を増やすことが大事でアワは努力しなければ増えないものでアワ量を増やす為には様々な経験が必要でチャレンジを乗り越える力を養うと思いやりや愛情といったアワが増える。そのアワが軸となり更に豊かさを持ったサヌキになる。
つまり心豊かな人生にする為に人は努力して<人を通して>成長しなければならないのです。ですから多くの人と接することも大事です。良い影響を与えてくれる人に出会うことです。
 今の教育を例にとると頭(サヌキ)で理解するのではなく心(アワ)で理解できる様に指導者は導かなければなりません。今の教育はサヌキ型教育なのです。
韓国では今、情操教育に焦点をあてた子供塾が人気らしいです。幼稚園や小学生を対象に自主性や創造性、他人との協調性など精神面の育成をめざす事に親達の関心が集まっている様です。
GM Art Grace Music Schoolでも今のところお問い合わせが一番多いのは未就学児童を対象にした音感クラスです。3歳児の親御さんのお問い合わせが多いのですが、できれば3歳児、4歳児、5歳児とクラス分けしての親子のグループレッスンをする予定です。7月開講予定でまだ期間があるのでご興味のある方は体験レッスンを受けてみて下さい。体験レッスンは初回のみ半額で親子で1500円です。きっと得るものはあると確信しています。
[PR]
by gm-artgrace | 2006-04-01 10:18 | その他
君島十和子さんのイベントに参加して
 私は君島十和子さんのファンクラブ、フェリーチェトワコに入会しているのですが、今日はリッツカールトン大阪でファンクラブのイベントに参加しました。今回は十和子さんの旦那様の誉幸氏も参加していらっしゃって夫婦漫才ではありませんが、夫婦でトークするシーンもありましたが、私は見ていて微笑ましい夫婦だな、と思いました。
夫婦はプラスマイナス(陰陽)である、といわれますが、十和子さんご夫婦も非常にバランスのとれているご夫婦だと思いました。2人でいるといいオーラを発する夫婦は見ていて気持ちが良いですね。
[PR]
by gm-artgrace | 2006-03-25 23:27 | その他
オーラの泉
 スピリチュアルカウンセラー江原啓之氏と美輪明宏氏の番組でオーラの泉という番組がありますがご存知でしょうか。毎回芸能人のゲストを招きその人の使命などを前世や守護霊様を通してカウンセリングする番組で、先日特番があり綾戸智恵さんがゲストの時に綾戸さんと今の息子さんは前世も親子でお互いにこの世で会うために生まれてきた、と。素晴らしいですね。
実は私とギュラもお互いにこの世でまた再び会うために生まれてきた気がします。2年前にリッツカールトン大阪でのピアノ演奏の仕事で初めて日本にやってきたギュラはやってきた当初は不安で寂しくてよくひとりで大阪の街を歩いていたらしいのです。その1か月後にリッツでたまたまお茶を飲みにきていた私と出会ったのです。ギュラは日本に私に会いにきたのです。それからは不思議なスピードで事がとんとんと運びました。ギュラは劇的に変化して私も変化しました。
私は不思議とスピリチュアルな友達や知り合いが多いのですが今日もある方に言われました。
輪廻転生で私たちはきょうだいから始まり前世も夫婦でまた来世も夫婦だと。この方だけでなく他の方にも似たような事をいわれています。 
大事なのは私が思っていた通り私たちは2人3脚で2人でひとつだということです。それだけ強烈な縁があるということです。私たちは素晴らしいご縁で出会ったということです。そこで燃えるのは私の使命感です。この2人で社会貢献もできる様なメッセージを音楽を通してしなければならない、そんな気がします。私はこの7月にGM(Gyula&Miyuki) Art Graceという会社とGM Art Grace Music Schoolという音楽教室を開講します。GM Art Graceの方では7月中に2つのイベントを計画しているのでいろんなことがこれから同時進行しますががんばって成功させるつもりです。
[PR]
by gm-artgrace | 2006-03-23 11:47 | その他
ギュラの家庭環境
 ギュラの父親はジャズピアニストで音楽教師、母親は小学校の先生でした。(今はリタイヤしています) 6つ年上のお兄さんはコントラバス奏者で今ハンガリー・ブダペストのオペラハウスを中心にヨーロッパ中のオーケストラで演奏中、3つ年上のお姉さんは元バレエダンサー、そしてギュラはピアニストということで音楽一家の中で育ちました。父親の家系がジプシーミュージシャンだった影響でギュラは父方の影響を受けているらしいです。
ギュラは幼少の頃から父親の影響でピアノに興味を持ったらしいです。ピアノに関してはきょうだい3人とも弾いていたそうですが、結局ギュラだけがピアノを選んだ様です。
ピアノの練習に関しては父親が厳しかったらしく学校(ハンガリーの学校は昼過ぎに終わる)から帰るとすぐピアノの練習で1日10時間も弾いていたらしいのです。それで今のピアニスト・ギュラが出来上がった訳です。才能プラスやはり練習量!!なのですね。
日本でいう中学生時代にはショパンを弾きこなし今でも彼はショパンは練習曲だと言って暗譜で演奏しています。ですから日本人はコンサートでショパンを聴くのが好きですが彼はショパンをコンサートで演奏したがらないのはその当時を思い出すのでしょうか?
彼のピアノのレパートリーを良く質問されますが、何でも弾けるので返事に困るときがあります。彼のピアノの練習の時の曲を聴くと面白いのが彼は暗譜で思いつくままにいつも練習しているのですが曲のバリエーションは豊かです。バロック、古典、ロマン、印象派、近代、現代、ジャズまで演奏しているのですがバッハを弾いていたかと思うと突然ジャズが飛び出してきて、そうかと思うと急にモーツァルトがでてきたり、そうかと思うと急に音がなくなって静かになったと思うとトイレに行っていたり。ピアノの練習とトイレが1セットのピアニストです!!
[PR]
by gm-artgrace | 2006-03-22 23:21 | その他
カシータで結婚のお祝いをしていただきました!
 今晩は友人のピアノ教師・和美ちゃんと東京・麻布十番のカシータでディナーをしました。カシータは私のお気に入りのレストランで月に1度は通うリピーターですが、今回はカシータの皆様にささやかな結婚お祝いをしていただきました!
f0019063_13371342.jpg

素敵に彩られたスペシャルデザートプレート
f0019063_13381196.jpg

毎度のサプライズは欠かせません。私たちの結婚報告ハガキが素敵に演出されました!
f0019063_13393127.jpg

カシータの皆様から白いカラーの花の献呈を受けました
f0019063_13403784.jpg

もちろん、はじめに着席すると私たちの名前入りのウェルカムシャンパンボトルと1輪のおもてなしが・・・
f0019063_13423693.jpg

彼女と会うといつもスピリチュアルトークで盛り上がります
[PR]
by gm-artgrace | 2006-03-08 23:35 | その他
ハンガリー大使館で行なわれたパーティーに参加して
 今晩は東京のハンガリー大使館で大使に招かれた人だけが集まるパーティーに参加しました。
おそらく参加者のほとんどの方が日本ハンガリー友好協会のメンバーのだと思いますが、私たちは5月12日に東京で行なうギュラのコンサートの宣伝も兼ねて参加しました。ハンガリー友好協会のメンバーの方はクラッシック音楽に興味のある方や、ご本人またはご家族の方がクラッシック音楽をなさっている方が想像以上に多かったのが印象的でした。
f0019063_13295990.jpg

ハンガリー大使と大使の奥様と
[PR]
by gm-artgrace | 2006-03-07 23:19 | その他
高橋滋氏のセミナー
 今日は風邪のまだ治らぬ体でホテル日航大阪で行なわれた高橋滋氏のセミナーに参加しました。高橋氏のセミナーを受講したのは初めてでしたが私もほぼ高橋氏と考え方が似ているので共感できる部分が多くあり非常に興味深いセミナーでした。テーマは<情熱>でお客様を満足させるホスピタリティーについて熱く語っていらっしゃいました。
 私もよく感じることなのですが、最近のレストランはハード(外観やインテリア)、料理の味も良いレストランが増えてきているのに最も大切なサービスに満足できないレストランやホテルが多くて私も悲しくなることがたくさんあります。特にハードや料理の良いレストランほどお店の都合でしか考えていないところが多いと思います。私はお店に情があるならあえて忠告しますが、大概はサービスが悪いともうそれきりのことが多いか、あえて友人にサービスの悪いレストラン代表で紹介することもあります。その中で私がビックリしたレストランがカシータだったのです!
 私は好奇心旺盛な性格ですから、目に入った興味のあること、モノ、場所は必ずチェックする人なのですが、去年の8月、月に一度東京の麻布十番で受けているリンパマッサージの帰りにふと見上げるとお洒落な明かりが見えたので中を覗いてみよう、ということで入って行ったレストランがカシータでした。ずうずうしくもお店の中を見学し8階のプールサイドが気に入った私はお茶をオーダーしたら、なんとただ!で店員もとてもフレンドリーだったので、早速2週間後のディナーを予約したのが始まりで今や月に1度は必ず通うほどの常連になってしまいました。カシータの良さを一言で言うと<居心地の良いレストラン>です。店員はフレンドリーだし、料理もおまかせで安心できるし、私の大好きなサプライズがあるし、とにかく私は枠にはまるのが嫌いな性分なのですがこのレストランも枠を飛び越えるおもてなしで、行くのが毎回楽しいのです。私はカシータに出会ってからはサービスに対する価値観が変わりました。他のレストランのサービスの悪さがというか枠にはまった面白くないレストランが余計に見えてきてしまいました。高橋氏もおしゃっていましたが私も提言します。大事なのは店の都合でなく<お客様の立場にたったサービス>をもっと学びなさい、と。それには自身が<体験>することです。一流のサービスとその対極の悪いサービスを体験する。それにはお金がいりますが、生き金です。体験しないことは語れないのです。ですからサービスする立場の人はもっと体験が必要です。
 
[PR]
by gm-artgrace | 2006-02-13 23:34 | その他
Gyula帰国
 ギュラが日本に帰国してきました。 よろしくお願いします!!
f0019063_14223099.jpg

星野家での彼のニックネームは<キューピー>。名付け親は私の母です。そして彼が手に持っているのは私の弟からの素晴らしいプレゼント<キューピーマヨネーズ!>
[PR]
by gm-artgrace | 2006-02-05 23:20 | その他
小原 孝氏のピアノコンサート
 今日は神戸の松方ホールで行なわれた小原孝氏のピアノソロコンサートに行ってきました。私は小原さんの?数年のファンで西は兵庫から東は東京まで数えることができないくらいのコンサートに行っています。以前に小原さんのピアノレッスンにも神奈川の方に通っていました。
今日も素晴らしいコンサートで特にラヴェルのボレロとピアソラのリベルタンゴが迫力があり良かったです。
[PR]
by gm-artgrace | 2006-01-29 22:26 | その他


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧