ギュラ&みゆきのダイアリー

プロフィール

ニャリみゆき

兵庫県西宮市出身。 高校在学中より子供ミュージカル劇団に所属。ミュージカル女優を夢見て大阪音楽大学声楽科に入学。音大在学中よりMC(司会)、モデルなどの勉強を始める。
音大卒業後は子供達にピアノを教え始める。またプロ社交ダンサー(JBDF)としても活躍。歌の成長が遅かった為、20代は歌以外の様々な経験を積む。
2004年より自身のプロデュースで、ニャリ ギュラ氏とディナーコンサートを始める。また2006年にGM Art Grace(株)を設立。
カテゴリ:GM Art Grace( 524 )
ギュラのジャズピアノレッスン
 今日はアメリカ人の大人の生徒さんのブラッドさんが彼のピアノレッスンの体験レッスンに来られました。ブラッドさんは趣味で2年ほど前からジャズの勉強を始め先生を探していたとか。ギュラはクラシックピアニストですがお父様がジャズピアニストだけあって彼もジャズの演奏ができるのですが、私はビックリしました!!ジャズの教え方も素晴らしい!!ジャズの基本であるブルースを二人は連弾し始めてそれは見ている方も楽しくなるレッスンでした。改めてギュラの才能に感銘しました。
f0019063_16252090.jpg

[PR]
by gm-artgrace | 2006-07-03 16:15 | GM Art Grace
ギュラの1stCDのレコーディング
 6月30日、7月1日と新大阪のレコーディングスタジオでギュラの1stCDのレコーディングを行いました。ヤマハのピアノで弾きにくかった様でしたが出来は非常に素晴らしい!!!ので出来上がりが楽しみです。スタッフの中でも特に好評だったのが彼のオリジナルの<Beyond>で私も含めスタッフの何人かが水と森を連想させるね、という同じ意見でこれは必ずヒットする、と絶賛していました。
彼の1stCDはジーエムアートグレイスで7月21日より販売予定ですのでどうぞお楽しみに!
7月21日の<オペラティックナイト>のご来場者にはもれなくプレゼントさせていただきます!
ぜひ、お越しください。
[PR]
by gm-artgrace | 2006-07-01 23:57 | GM Art Grace
田崎真珠(株)のBGM演奏
 今日は神戸ポートピアホテルで行なわれた田崎真珠のイベントでのピアノBGM演奏の仕事でした。田崎真珠のイベントのピアノBGM演奏の仕事は今回で2回目ですが今回もお客様には大変好評をいただきました。5ステージめはコンサートの様な雰囲気になりギュラの演奏を聴くために再び戻っていらっしゃるお客様もいて大変和やかな雰囲気になりました。
ギュラの演奏の素晴らしいところはとにかく音が綺麗で繊細なところから情熱的なところまでのダイナミクスが非常に大きいところ、特に歌わせる曲に関しては<間>が素晴らしい、足を見てもペダルの使い方がとても上手で聞き手のハートをつかむ音楽を奏でます。私も含め聞き手をうっとりさせてそして癒してくれます。彼の人柄も素晴らしく日本人以上に腰が低く心優しさを持っています。今日もギュラのファンができました。こうして少しずつギュラの音楽に感銘してくれるファンを広げていっていつか大きなコンサートホールでのソロリサイタルが実現できることが目標です。
f0019063_12291935.jpg

f0019063_1230551.jpg

[PR]
by gm-artgrace | 2006-06-25 23:12 | GM Art Grace
ハンガリーワインの試飲会
 今日は北野クラブソラにて7月28日(金)に行う大人の男と女の夜会でお客様に提供するハンガリーワインの選定会を行いました。 今回は協力の讃久商会から送られてきたギュラのおすすめの赤ワイン5本と白ワイン5本の計10本中から北野クラブの方とギュラとで試飲しました。 私は去年の2月に初めてハンガリーに行ってハンガリーワインの美味しさにビックリしたのですが今日は北野クラブソラの方がハンガリーワイン、とりわけ赤ワインの美味しさにビックリしていました。
f0019063_11423227.jpg

10本のワインの中から5本を夜会用にセレクトしました。
f0019063_11435277.jpg

素敵な夜景と音楽とダンス、そしてハンガリーワインと北野クラブソラの自慢の美味しい料理、どうぞ<大人の男と女の夜会>にお越しください!
[PR]
by gm-artgrace | 2006-06-21 23:35 | GM Art Grace
レコーディングスタジオ
 7月21日(金)にザ・リッツカールトン大阪で行われるジーエムアートグレイス㈱のオープニングレセプションパーティーではご来場のお客様にはもれなくギュラのCDプレゼントをする予定ですが、今日はそのCDのレコーディングの為のスタジオの見学に行きました。新大阪にあるスタジオは交通の便も良く設備も整っていました。ただピアノがヤマハなのですが、試弾をしたギュラが比較的長い間ピアノを弾いていたのでOKでした。彼は気に入らないピアノはすぐに弾き止めてしまうので、スタッフの方もほっとした様です。
f0019063_1228099.jpg

f0019063_12282433.jpg

さて何の曲をレコーディングするのかは・・・分かりません。彼はその日、その時の気分で演奏曲を決めるプレイヤーなのです。例えば演奏会を行う前夜までプログラムを教えてくれなっかたり・・・。ですから彼の場合プログラムはあって無い様なものなのです。ですから、私の司会・進行は不可欠なのです。司会も大変!!私は彼に出会って私の中にある常識がことごとく潰されるというか、天才(うさぎ)と凡人(かめ)の間にあるカルチャーショックを受けました。うさぎさんはまさしくギュラで普段はいたってのんびりでピアノの練習もあまりしないで(私にはそう見える)本番にのぞめる、といった感じで私はかめさんタイプですのでまず演奏曲と構成を考えてその曲を日夜コツコツ練習するのです。ギュラのレパートリーも幅広く、よく得意な曲は何ですか、と聞かれますが、私の答えは<何でも!!>。バロックからジャズまで、即興も出来るピアニストですからその才能は計り知れません。ただ、彼には問題があって本人いわく右手がパーフェクトに動かない問題を数年前から抱えていてそこから彼のヨーロッパでのキャリアはストップしました。そして彼は今、日本にいます。そして、日本で東洋医学のメッソドで定期的に治療を受けながら日本をひとつの基盤として活動しています。右手の問題は本人以外は全く分かりません。ギュラの才能はもとより彼は<心あるピアニスト>なのです。今日のスタッフの方も彼の奏でる音楽にただ者ではない何かを感じたと言っていました。
さて、7月28日の<男と女の夜会>では1部では彼の即興演奏(プログラムは未定)、2部ではアルゼンチンタンゴをお楽しみいただけます。どうぞお越しください!!
[PR]
by gm-artgrace | 2006-06-13 23:55 | GM Art Grace
Gyulaのコンサート大盛況
 本日シティ クラブ オブ東京で行われたギュラのコンサートは定員100名を大幅に超え120名満席大御礼でシティ クラブ オブ 東京もビックリの大盛況の上に終わりました! ご来場の皆様、誠にありがとうございました。
f0019063_12231819.jpg

私はコンサートの進行役をいたしました
f0019063_12253524.jpg

アンコールに私も1曲<浜辺の歌>を歌わせていただきました
f0019063_12411687.jpg

パキスタン大使館関係のゲストと そして私たちの応援をしてくれている田原様(ギュラの前)と
f0019063_1225836.jpg

f0019063_12264320.jpg

いつもコンサートに駆けつけてくれる丸岡夫人とご友人様と
f0019063_12272342.jpg

シティ クラブ オブ東京のマネージャーハンス氏と
ハンスさん、ありがとうございました! 

P.S コンサートにいらっしゃったゲストの方で、もしこのホームページをご覧になられた方がいらっしゃいましたらご感想などぜひお寄せください!
[PR]
by gm-artgrace | 2006-05-12 23:04 | GM Art Grace
GM Art Grace Music Schoolの音感レッスン
 音感レッスンについての質問があったのでご紹介します。
このメッソドはヤマハ四つ池センター(静岡県・浜松市)の講師の椙山知子先生のメソッドです。椙山先生は毎週金曜日に3歳児の親子を対象に音感レッスンをなさっています。椙山先生は本当に素晴らしい音楽教育家でいらっしゃって私は授業見学も何度かさせていただきましたが椙山先生は子供達の真の感性を開かせるレッスンをしています。私は椙山先生の講座を月に1度受講していますが音楽だけでなく教わることの奥がとても深いです。椙山先生から学んだことをベースに私なりにアレンジしたレッスンが音感レッスンです。
最近の子供達の感性は乏しくなっています。親御さんも含めて感動することが少なくなっているのではないでしょうか。それを音楽を通して親子がコミュニケートする。親子の感性を育てるレッスンが音感レッスンです。
[PR]
by gm-artgrace | 2006-03-29 11:08 | GM Art Grace
GM Art Grace Music School
 今日ジーエムアートグレイスミュージックスクールのページがオープンしました!!ぜひご覧ください。
ピアノレスナーの方でご興味のある方はぜひギュラのピアノレッスンを受けてください。去年の春にも特別レッスンという形で何人かの生徒さんにレッスンをいたしましたが非常に好評でした。ただ、大曲をもってこられた生徒さんは体力を必要とされていたので大変そうでしたがギュラの教え方は非常に上手です。去年レッスンした生徒さん方の皆さんに共通して言えたことは彼いわく、日本人は手首が固い、そうです。そしてテクニックで弾くのではなくハートで弾けと。どうしても頭で考えてしまうのが日本人らしいのです。音大生やピアノの先生方でもこの2点は皆さん共通して言われていました。これからは小学生のピアノレスナーも育てていきます。小学生はジュニアコースでギュラが責任をもって育てていきます。私の役割はスクールの運営とジュニアコースに入るまでの生徒の音感レッスンと準備コースのレッスン、全てのレッスン生のフォローです。
特にジュニアの生徒様にはピアノが練習できる環境にあることと練習のピアノは電子ピアノではないことを条件にしました。電子ピアノがなぜよくないかというと指と耳が育たないからです。そして電子ピアノは辞める生徒の率も高い。本気度が低いのです。
今の忙しい子供達にはピアノの練習時間が十分にとれないのが現状ですがこちらも真剣に育てていくつもりですので向上心のあるお子様だけをレッスン生にしていこうと決めました。
学校教育のプログラムのなかで消えていく音楽の授業。なおさら音楽の素晴らしさを子供達に伝えていかなければなりません。
何でもいいのです!塾での勉強より子供達に必要なのは<特技>です!心に<幹>を持てる様に導いてあげましょう。それが<音楽・ピアノ>といえる子供達、ピアノレスナーを育てていくのがGM Art Grace Music Schoolの使命です!
[PR]
by gm-artgrace | 2006-03-28 15:46 | GM Art Grace
子育ては宝探し
 今日は某化粧品での買い物の最中に顔なじみの店員さんと話をしていて感じたことをお話します。その女性には小学校1年生の女児がいてそろそろ塾かピアノに通わせようかと話していました。私は音楽家であり音楽教育家でもあるので塾に通わせるよりもっと大事な<心>の教育を勧めました。そのひとつとして私は音楽を勧めました。
音楽でなくても良いのです。子供の魂が何をしている時に一番輝くのか見つけてあげるのです。それが<宝探し>なのです。一緒に<宝探し>をするのです。それには親が子供に接する機会も必要ですが・・・。(それが十分にない親が多い・・・)
宝とは<特技>です。宝がある子供とない子供では精神に差がでます。宝のある子供は自分の心に<幹>ができるのです。幹が出来ると粘り強さができて多少のことではくじけない子供になります。親が他人と比べないことです。学力は好きなものであれば本人が努力しますし、学力は変化していくものです。夢や目標もしかりです。大事なのは親が子供の宝探しのお手伝いをしてあげることです。それが早く見つかれば神童になる可能性もあります。私が思うには今のお母様方は目先のことに気をとられて焦っている様に見えます。人生は長いのですからゆったり構えれば良いのです。でも、学校教育に任せられないのが現状ですね。
例えば子供の進学についてですが、この子は公立に向いているのか、私立に向いているのか、国立に向いているのか、またその学校の校風もあります。それを事前にリサーチするのが親の役目であり、けして親の自己満足で学校を選んではいけないのです。子供に関わることは何をするにも子供の<天分>を見極めることが大事です。
音楽は情操教育にとても役立ちます。特にピアノは他の楽器と比べ10本の指を別々に使って弾きますから一番練習量も要ります。ですから練習がおっくうになってピアノをやめていくのがほとんどです。
私は今も少人数の子供にピアノを教えていますが今の教室をリニューアルして7月にGM Art Grace Music School(スクールの詳細は3月末にホームページに掲載予定)を開講しますが今までの様にどんな生徒でも受け入れるのではなく、こちらも生徒を選ばせてもらって入会していただく形にします。ハンガリー人ピアニストのギュラが日本に根をおろして真剣に日本のピアノレッスン生を育てるのですから条件設定をしました。まずは電子ピアノではなく木のピアノ、アップライトピアノかグランドピアノで練習できる環境にあるかということ。家での環境が一番大事です。もし子供に・・・になって欲しいと願うならばその環境に家を作り替えて子供の脳に植え付けることです。それが幼ければ幼い程脳に早くインプットされます。<環境が脳を作る>のです。そして脳が才能を発揮する。
例えば音楽家にしたいと思うならば家では常にクラッシック音楽を流す、テレビもクラッシック放送、インテリアもヨーロッパ調に。家には楽器があり、誰かが演奏している。まさしくピアニスト・ギュラが育った環境もまさしくこれでした。次回はピアニスト・ギュラの家庭環境についてお話しましょう。
[PR]
by gm-artgrace | 2006-03-20 23:47 | GM Art Grace
GMハウス公開
 私たちの入籍で何人かの方からお祝いをいただきました。お心遣いをいただきましてありがとうございました。 
今日は私たちの事務所兼自宅のリビングを紹介します。
家具は私のこだわりでアルフレックスで揃えました。
f0019063_14193477.jpg

ダイニングです。風水では丸い木製のテーブルは家族の団欒をもたらす、または話が丸くまとまる、ということで良いとされています。いすの張り地は黄色とベージュの間の色です。風水では黄色やオレンジはまた会話のはずむ色とされています。また、黄色は胃の治療色、オレンジは肝臓の治療色です。そしてテーブルの上にはいつも花を。
f0019063_14283637.jpg

リビングのソファの色はベージュで私の特にこだわったアルフレックスのヴォ―タのソファです。ここで仮眠できる様にと思って買いました。でもほとんど家でゆっくり過ごすひまがありません。大きなソファを置くには狭い空間ですが結構気に入っています。
f0019063_14322272.jpg

カーテンもベージュです。ベージュは住んでいる人をエレガントに見せてくれる色です。ベージュの空間にいる奥様はエレガントになる、と言われています。(笑)
家にはテレビがありませんが寂しくありません。家ではいつもモーツァルトが流れています。モーツァルトの音楽は右脳を活性化させると言われています。そして私のお気にいりのランプベルジェのアロマを焚いています。6階なので夜は夜景が綺麗で方角が東南なので晴れた日には朝日がさんさんとふりそそぎとても気持ちの良い家です。ぜひお越しください。
[PR]
by gm-artgrace | 2006-03-15 23:13 | GM Art Grace



カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧