ギュラ&みゆきのダイアリー

プロフィール

ニャリみゆき

兵庫県西宮市出身。 高校在学中より子供ミュージカル劇団に所属。ミュージカル女優を夢見て大阪音楽大学声楽科に入学。音大在学中よりMC(司会)、モデルなどの勉強を始める。
音大卒業後は子供達にピアノを教え始める。またプロ社交ダンサー(JBDF)としても活躍。歌の成長が遅かった為、20代は歌以外の様々な経験を積む。
2004年より自身のプロデュースで、ニャリ ギュラ氏とディナーコンサートを始める。また2006年にGM Art Grace(株)を設立。
カテゴリ:国際結婚 ( 17 )
祝☆結婚記念日10周年に寄せて♪
今日はバレンタインデーですね♪
本日は私事ながら結婚記念日10周年でございます♪♪♪
☆☆☆ありがとうございます☆☆☆
f0019063_11154898.jpg

早いもので10年、出会ってからは約12年夫婦二人で仲良く手をつないで音楽活動をし続けております。

結婚というのは素晴らしい門出でもありますが、真の意味での試練の始まりでもあります。
私も独身時代は興味があることに対しては何でも挑戦して♪優雅な独身貴族でした。
それが結婚と同時に奈落の底へ・・・↓↓↓
信じられない話でしょうが、G(ギュラ)M(ミユキ)は結婚後3年間は家庭内戦争をしておりました(驚)!!!
(デトックス=カルマの清算でしょうね)

それがあって幸せな今があるのです(笑)♪♪♪


今GM社としての売りのイベント業がピアノを弾くサンタさんと歌のお姉さんのクリスマスコンサートが
大ヒット中であります☆☆☆
f0019063_11171942.jpg

でも・・・

本当の目標は・・・

ギュラ&みゆきとして皆様に音楽を通して幸せを発信することです♪♪♪


親子のためのクリスマスコンサートでは
サンタさんという子供達にとっては(大人にとっても♪)永遠のアイドルという存在を使わせてもらって
歌とピアノでできるだけたくさんの親子様に楽しみ♪と幸せを♪お届けしたいというミッションでもって
させてもらっています。

親子のためのクリスマスコンサートについては・・・

私だけの力でなくて、後ろは見えない応援団がたっくさ~んついております♪♪♪
私はその応援団に動かされている、いわば社員の様なものです。はい!

思いつくままにただ行動し、継続している。。。
(だけど動かされている。。。)

とても大事なミッションを掲げてさせてもらっています(感謝♪)
f0019063_1119574.jpg


さて、今日はツインソウルについてのお話しです。

私達はおそらくツインソウルだと思います。
ギュラだけだと足りない・・・みゆきだけでも足りない・・・
だけど二人だと凄いものがある・・・
と言われたことがあります。

オーラの見える人の話しだと
ギュラ&みゆきがステージで音楽を奏でている時は凄いオーラが出ていると・・・
(私も見てみたい・・・)

ツインソウルについてはいろんな人がブログで書いています。
http://majikore-news.blog.so-net.ne.jp/2013-05-26

http://mariana-dance.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-816b.html


親子クリスマスコンサートが長年出演者2人でも成り立っているのは
(トナカイさんがたまに登場しますが)
おそらくこの効果もあるからだと思います。
他人でない、夫婦で奏でるからこそ出せる味・・・
これからも追及して精進していきたいと思っています。

ある人に言われました。
二人の幸せをできるだけたくさんの人に発信して巻き込んでいきなさいと!
それは皆を幸せ、楽しい気分にさせること。
きっとそれは親子コンサートのことなのでしょうね。

そして大人向けの演奏では
真反対ですが、癒しや希望を与えているらしいのです。


今日で結婚10周年で、会社設立は7月7日で10周年♪

今年は特にスペシャルなイベントは予定していなくて
毎年開催している神社コンサートと親子クリスマスコンサートを継続するのみです。
f0019063_1126062.jpg

これからも応援よろしくお願いします♪
[PR]
by gm-artgrace | 2016-02-14 11:28 | 国際結婚 
祝・7th結婚記念日
今日で早くも7周年の結婚記念日。

羽田経由で今日からギュラがハンガリー帰国だったので、次の便までの空き時間に江東区に住んでいる友人宅におじゃましました。

ビ・ビックリするくらいの1000戸規模の世帯に、最上階にはラウンジやプールやスパがついているという豪華マンション!!!

これは最上階にあるラウンジ。
f0019063_11154532.jpg

ピアノもあります。
f0019063_11163220.jpg

その最上階のラウンジで奥様手製の食事を持参しての夕食会をしました。
f0019063_11174383.jpg

f0019063_11184865.jpg

素敵なひとときでした♪
[PR]
by gm-artgrace | 2013-02-14 23:10 | 国際結婚 
今日は誕生日です
 今日は**歳の誕生日。
実年齢は堂々と公表しておりますが、HP上ではファンタジーで♪

今日もせっせことブログの整理です。

昨年10月から12月にかけては主催コンサートが続いたのでその事務に追われてブログはサボっておりました。

コンサートが終わってからは反省の日々が何日か続き・・・(主催者は喜びより、いつも反省です)
特に12月のコンサートは反省点が多かったので・・・
そして前に進むのです。

今日は誕生日ですが、やっと次に向かって歩みだす気持ちになりました。

やらないといけない事務はてんこもり、次のコンセプトのために歌の練習もしたいし、いつも仕事です。

GM社を設立してからの私は仕事づけの毎日です。好きなことをしているだけなのですが♪
これも自分が選んだ道です。

家事もバッチリしていますよ♪
しかし、ギュラに助けてもらえることはギュラに最大限助けてもらっています。

たとえばお風呂洗ってもらったり、髪の毛乾かしてくれたり、ティーサービスがあったり、ごみ出してもらったり、買い物に行ってくれたりetc。
食事は私がいつもささっと作りますが、
忙しすぎるときはギュラに作ってもらったり。洗濯機や食洗器は全自動で助かるし♪

今日はギュラが誕生日ディナーを作ってくれます♪

ギュラはいろいろと手伝ってくれますから、本当に助かります♪
日本人ではありえないくらいサポートしてくれてます、というか私も使いまくっていますが(笑)
ギュラも喜んでサービスしてくれます。
彼のサービスは満点です!!

家の近所のビオマルシェやピーコック(スーパーマーケット)には私よりかギュラの方がだんぜん行っているはず(笑)。

こんな夫婦、普通ではなかなかお目にかかれないけど、面白いでしょう♪
f0019063_11522858.jpg

2010年11月20日信貴山にて
[PR]
by gm-artgrace | 2011-01-04 11:54 | 国際結婚 
東洋人と西洋人
 今晩は海外在住経験のあったご夫妻と会食しました。

そのご夫妻はバリ島に数年住んでいらっしゃってたくさんの外国人の住むコミュニケーションの中で生活してきたらしいのですが、西洋人と東洋人の違いなどもいろいろ話してくださり、とても参考になりました。

ギュラは私のしていること、日本人の性格・仕事の仕方・生活の仕方など今だに不可解なことが多くあるらしく、体験する度に頭を抱えて、嫌だ!なんて言っております。

私がもし、彼の国で生活することになれば、私がハンガリー人に対して嫌だ!と思うのでしょうね。

彼が思う日本人の考え方って遅いらしいです、特に仕事に関して。
なんでこんなに待つの?!とか、仕事の進め方が悪い!!など思うことが多いみたいです。

あと日本人の思考によく<種まきをする>というのがありますが、
例えば私がしているコンサート活動、人の輪を地道に広げていく活動(自分でやっていますから)、これがどうも彼にとっては不可解らしいのです。

ですからみゆきはお金にならないことばかりやっている、と彼によく言われます。
でも私のやり方がこれですから、我慢してもらっていますが・・・。

彼はすぐに早くお金が欲しい、と思い、頭の計算は得意なのです。

よくよく考えてみると西洋人は狩猟民族ですから、すぐにお金になることを求めるのはその民族性もあるのでは、と私はそのご夫妻との会食の中で気づきました。

片や日本人は農耕民族ですからコツコツ地道に種をまく、というのが合っている民俗なのです。

なるほど!!

今日はそんな気づきを感じさせてくれた会食でした。
[PR]
by gm-artgrace | 2009-11-06 23:41 | 国際結婚 
電話で・・・
 別件で昨日のブログでも書いた椙山先生に電話して、少しお話ししたのですが、結婚前にギュラを紹介して、本人目の前にして<大変よ!>と辛口アドバイスをくれた唯一の人物の椙山先生、久しぶりに電話でお話をして、<あなた、よくやったわね。凄いわね>と感心されました。

椙山先生の様に私達夫婦のことを案じてくださっている年長者の方が何人かいるのですが、皆様それぞれによくやったわね、と言ってくださいます。

国際結婚は大変、音楽家同士も大変、文化・習慣・経済問題の間で激動だった結婚生活、
私達夫婦は私が世帯主(夫)でギュラが扶養家族(妻)の様な、それも心配する人達がいて・・・そういう夫婦もあっていいのにね。実際大変は大変ですけどね。

音楽活動もゼロから自分でコツコツと積み上げてきましたから。
全部自分でして、セルフプロデュースですから・・・。

それはそれはここまで来るのは相当大変でしたけど、私は過去にはあまりこだわらない、というかすぐ忘れるたちで苦労も肥やしにしいる様です。(笑)
音楽活動も最初の頃に比べると随分楽になってきました。

ギュラもギュラで相当な苦悩と葛藤はありましたよ。

国際結婚、音楽家同士の結婚は大変でしたけど、ここまで頑張って来れたのは私の根性が相当座っていたのでしょうね。
変人というか、宇宙人というか・・・。

でも、褒められるのは嬉しいものです。また頑張ろう!という気になりました♪

そんな私達の汗と涙の結晶♪
<親子のためのクリスマスコンサート>12月13日 2時から 西宮市プレラホール、観に来てください♪
[PR]
by gm-artgrace | 2009-09-09 22:48 | 国際結婚 
結婚3周年記念日♪
 今日は結婚3周年記念日です。
今年の結婚記念日は夫婦で仲良く薬漬けです。
f0019063_1271435.jpg

左側がギュラの風邪薬、右側が私の中耳炎の薬
私、12月2日から風邪を引いての繰り返しで6回もぶり返し、今も咳との戦い中ですが、どうもs咳喘息を患っているらしいのです。
ある病院では気管支炎と言われ、ある病院ではアトピー咳と言われ、ある病院では咳喘息と言われ、一体どれが本当か?と思うくらいですが、どうやら咳喘息です・・・。
もともと喉は弱いのですが、今体調の変わり目でしょうか。体の抵抗力がとても弱っている様です。
今回は咳のしすぎで急性中耳炎になり、急性結膜炎にもなり・・・。養生しております。

ギュラがチョコレートは???と催促してきたので今回はチョコレートケーキでお祝いです♪
f0019063_12131854.jpg

夜は鉄板焼きでお肉とにんにくをたっぷり食べて元気をつけました。
写真右側の赤ワインはギュラがハンガリーから持ち帰ってきたハンガリーワインです。
美味しい生肉と♪
f0019063_12162920.jpg

[PR]
by gm-artgrace | 2009-02-14 23:05 | 国際結婚 
魂のミッション
ブログのコメントにGMのカメラマンSHINさんからのメッセージがありました。

神様を完全だとすると、私たちには性癖・欠点があります。
完全な円に対し、欠けている円ですね。
魂はそれを修正するために、何十回も、何百回も生まれてきますが、何を直さなければいけないのか分からずまたあの世に帰っていきます。
自分の魂の欠点が分かることはまさに数百分の一、千分の一のチャンスです。

この世にギュラと知り合ったのは前世の縁ですが、私は実はギュラとはもっと深い仲だと思います。
恐らく、みゆきさんとギュラさんの魂が創造された大昔からのソウルメイトだと思います。

そう考えると、前世に子供がなかったことだけが今世での因果ではなく、もっと深いところに魂のミッションがあるといえます。

SHINさん、メッセージありがとうございます。
その通りのコメントですね。

私はギュラのいない2か月の間に偶然の出会いで2人の新しいスピリチュアルカウンセラーと出会いました。そして、明日は東京で3人めの新しいスピリチュアルカウンセラーと出会います。
明日はギュラとの再会前の最後のとどめのメッセージが与えられるのでしょうか。どんなメッセージを受け取るのか楽しみです。

私はこの様に常に周りから助けられています。
不思議ですが困っていたり悩んでいたりするとそのときの私に必要なメッセージが誰からともなく届けられるのです。そして私は考え、とりあえず言われたことはすぐに実行します。そうして開運してきました。

SHINさんにはGMのカメラマンとして、今までのコンサートを見守り、またGMの成長の記録を撮影してきてくださいました。SHINさんにはGMを見守る役目があるのでしょうね。

そして、素晴らしいGMのHPを作ってくれている井上さんもまたGMの履歴を作ってくださっています。HPはこれからもどんどん彩られていくでしょう。

そして、同じ敷地内に住んでいるGMのオブザーバーueさんもまたGMの見守り役のひとりでもあります。父親役でいらっしゃいます。

GMは多くの応援者、見守り役の方々に恵まれて改めて感謝です。
ですから魂のミッションは私達が力を合わせて活動し続けていくこと、そしてこの世にGMの足跡(存在価値)を残していくことだと思います。そのためにも私達の子供の存在も重要ポイントになっていくことでしょう。

9日にギュラが東京経由で日本に帰国します。私は明日から東京でみっちりコンサートの仕込みです!
19日のスプリングコンサートのチケットは好評発売中です!
お申し込み、お待ちしております。
[PR]
by gm-artgrace | 2008-04-06 13:06 | 国際結婚 
愛のはき違え
 今日はまた新しく出会ったスピリチュアルカウンセラーの先生によって衝撃的な事実が!
私がギュラを苦しめていた!!
それはそれは前世での悲しい物語から。

私の前世はヨーロッパの男性でハプスブルク家にゆかりの深い身分の高い貴族で彼は私の妻。私は当時権力もありいろんな采配をふるっていてある意味支配者的立場だったそうな。(誰だろう?結構な有名人かも!)
彼女はそんな傲慢な旦那様につつましくついてきた妻、生活は順風満帆。ただ妻は子供を欲しがっていたが旦那は子供に興味がなく子が授からなかったそうな。その思いを成就させるべく今世で運命的な出会いを果たした二人。今度は性の立場を逆転して出会ったのでした。

ギュラはそういえば、付き合い始めた頃から<Make Children>を連発し、私は変な人とは思っていたのですがここに来て納得。
あの声は彼の魂の叫びでもあったのです。結婚してからも毎日子供が欲しいの連発、あげくには仮想人物を作り話しかけることも。嗚呼、悲しや、彼の魂の叫びを感じとれなかった私。
この結婚生活で彼が望んでいたことは唯一<子供がいる愛のある家庭>であったのです。それが実現されず私に仕事や生活態度を責められ、彼は傷心、ハンガリーに帰ってしまった。

私のテーマもまた前世果たせなかった子供のある家庭を持つこと。

私は他人の子供は教育してきましたが自分が子供を持つことの実感が今までなかったのは前世で子供がいなかったから。また彼がそこまで子供を切望するのは前世で子供を望んでいたにもかかわらず授からなかったから。嗚呼、悲しや過去の因縁。

ここで前世からいかにギュラを苦しめてきたかを知らされました。そこで私が行うのが毎日<ありがとう>を千回、21日言う行。
私は心から思えないことは言ってはいけないのでは、と思っていましたがそこに心がなくても言うことが大事で言わなければ相手に伝わらないこと、を知りました。

また不思議だったのがギュラが2月にハンガリーに帰国してからいろんな人から共通して言われた言葉が<子供を産みなさい>。その言葉に今回初めて動かされ、そして17日には初めて行うマタニティコンサート、そして19日のスプリングコンサートで初披露するシューマンの女と愛の生涯では恋におち、結婚し、子を身ごもり、出産し…を歌う。全てに意味のある私中心の流れだと改めて感じました。
ギュラを何とか日本で知られるピアニストに、と思って始めたこの活動は夫婦がひとつになり活動することに最も深い意味がありまた自分から発するメッセージにもなることを知りました。

またカウンセリングの先生からは不妊治療に行きなさい、と言われ、まだピンとは来ていないのですがとりあえず言われたことをトライしようと早速本日、初めて婦人科のクリニックにも行く予定です。そして摩訶不思議なのが自宅前に5月に某クリニックの不妊治療センターが移転開院されること、私の為にありがとうございます。

ハンガリーに帰国中のギュラはいよいよ来週9日に上陸します。それまでに変わらければ!
と、いうことで19日のスプリングコンサートでは子供が授かるまえのみゆき&ギュラを最後に見れるチャンスかもしれないです。常に進化を続けるGMの演奏をお見逃しなく!席は残20席です。ご予約はお早めに!
[PR]
by gm-artgrace | 2008-04-01 15:05 | 国際結婚 
国際結婚=世界平和
 ギュラがハンガリーに帰国してからはや2週間が経ちますが、ひとりでの生活は大充実です!自分自身を見つめ、ギュラとの関係性も見つめ、今年の春と秋のコンサートのコンセプトを煮詰める、それはそれは充実したよい機会です。

先日ある初対面の方とお話していて、私の歩んできた人生や人生観などを話すと相手の方は泣くほど感動なさっていました。(私は自分を語ると良く人に感動されます)
そしてその方は国際結婚の意味を語られました。
国際結婚ほどチャレンジが多いけど素晴らしいものはない、と。

ギリシャ神話の時代からこの世は戦いの歴史でした。違国はもとより同じ国の人間同士までもが戦い、殺しあう、何千年も繰り返されてきた戦の歴史。そして今があります。
結婚は因縁解消とも言われていますが、結婚することによって相手、相手の家族、また国をも受け入れる、結婚の意味は実は奥がとても深いのです。
日本とハンガリーはもともと起源はアジア民族です。同じ国民だったのです。
ですから国際結婚=世界平和に貢献することになるのです。

人類皆兄弟という言葉の通り皆本当は平等です。物質的に見ると貧富の差などいろいろ与えられるものは人によって違いますが、この世に生まれてくることだけでも素晴らしいチャンスをつかんだということです。そして生きる環境は人それぞれに神から与えられ、また出会う人も神から与えられ、自分の人生を全うするプログラムがそれぞれに与えられるのですが、結婚は重要な仕事のひとつ。しかも国際結婚は世界平和貢献の意味もあると聞いて感動しました。

私は出会う人には本当に恵まれていて、その時に必要な素晴らしい出会いがあり、学びも多いです。そして自分が人を通して、また自分の人生を通して学んだことをまた私を必要としてくれる人に出会ったときに伝えています。

また、音楽家とスポーツ選手は死後、良い霊界に行けると言われています。
なぜなら彼等の存在が人を癒し、また勇気を与えこの世を潤わせてくれるからです。
ですから私達は国際結婚をし、ともに音楽家ですから私達に与えられた任務は大きいのです。
そう考えると人生は素晴らしいものになりますね!!
[PR]
by gm-artgrace | 2008-02-23 16:31 | 国際結婚 
ギュラが今日ハンガリーに帰国しました
 突然ですが今日ギュラがハンガリーに帰国しました。
帰国理由は簡単にいうとホームシック、リフレッシュ、勉強、仕事といったところでしょうか。4月上旬に帰国予定です。
ギュラにご依頼されていた仕事やお約束のキャンセルでご迷惑をおかけした方には心よりお詫び申し上げます。

国際結婚して2月14日で2年が経ちましたが、国際結婚は芸術と同じで見た目は美しいですが実際はとても大変です!!!
私自身にも例えることができますが、水面上では優雅に泳いでいる様に見える白鳥の水面下では思いっきり足ばたばたで必死に泳いでいる、芸術も国際結婚もそんな感じです。
結婚は試練の連続と言われていますが、日本人同士の結婚でも大変なのに言葉や習慣や文化の違いのある国際結婚は試練も大きいのです。
まして結婚当時の彼は無一文の芸術家、私の負担は並みならず、それを覚悟の上に結婚しましたが想像を絶することがたくさんありました。
それでもここまで乗り切ったのは私が究極のポジティブ人間で、苦を楽にするエネルギーが人一倍あったからだと思います。
対して彼は私とは真逆の性格の持ち主ですから私はこういうときにはこう考え行動するのに対し、私とは全く逆の発想をする彼の気持ちは私から見ると理解し難いものでした。私にとって彼自身が壁、また彼にとっても私は大きな壁だったことでしょう。
結婚のパートナーは大抵はプラスマイナス(陰陽)の関係ですからある程度は覚悟していたものの、その性格・性質の他に言葉の壁、文化・習慣の壁がついたての様に立ちふさがる訳ですから、それは大変なチャレンジです。
私は幸いにして日本にいて、家族や強力な理解者やサポーターに恵まれていますから、本当に周りの方々に助けていただきましたが、彼にとってはまだまだ日本は異国の地ですから、私以上の孤独は感じていたことでしょう。
それがあるときふと爆発して、今回の帰国に至りました。

しかしながら、どんなことがあっても私が一度決めた道ですから私はさじは投げません。
こうして会社も設立し、今日まで地道にセルフ・プロデュース、という形で歩んできました。
これもまた経験、経験は宝ですから、前向きに頑張ります!!

先ほども申しました通り、夫婦で芸術、国際結婚は見た目は美しいですが、中身は想像以上に大変です。だからこそ、お客様に真の何かを提供できるのだと思っています。
良いことばかりでなく、辛いことや悲しいこともこの様に私は公表することにためらいはないです。
苦難のなかに真の幸せがあるからです。そしてそれらも含めて芸術だと思っています。

私は結婚前は優雅な独身貴族でした。両親の愛に恵まれて育ちましたし優雅なことが好きでしたし、華やかな世界もいっぱい体験しましたし、お金の苦労はしたことがなかったです。
ところが結婚後はまずお金の苦労から・・・(とは言っても見た目は優雅に見られますが水面下では・・・!!)そして旦那の苦労から・・・結婚してからは苦労(というかチャレンジ)の連続でした。
ある方からは私らしい道を選んだね、と言われ、ある方には大変な道を選んだね、と言われ。
でもどんな苦労も肥やしにしてしまうのは私の強さでもあります。
この苦労が良い形で歌に反映されてきました。私の歌に<癒し>があるのはきっとこの苦労(チャレンジ)も結果的に生かされているからだと思います。

そして夫婦という形での演奏は多くの方からの共感を得ています。それは夫婦生活の積み重ねから、お客様には何かが伝わっているから美しく見えるのではないかと思います。
まだまだ夫婦としてまた人間として未完成な部分の多い私達ですが、日々努力をおこたらず、より素晴らしいステージをみていただける様、精進します。

私達のステージをぜひご覧ください。
[PR]
by gm-artgrace | 2008-02-11 20:49 | 国際結婚 


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧