「ほっ」と。キャンペーン
ギュラ&みゆきのダイアリー

プロフィール

ニャリみゆき

兵庫県西宮市出身。 高校在学中より子供ミュージカル劇団に所属。ミュージカル女優を夢見て大阪音楽大学声楽科に入学。音大在学中よりMC(司会)、モデルなどの勉強を始める。
音大卒業後は子供達にピアノを教え始める。またプロ社交ダンサー(JBDF)としても活躍。歌の成長が遅かった為、20代は歌以外の様々な経験を積む。
2004年より自身のプロデュースで、ニャリ ギュラ氏とディナーコンサートを始める。また2006年にGM Art Grace(株)を設立。
どうしたらふさわしいパートナーに出会えるのか
 先日お見合い結婚のマナー基礎知識の管理人のスローCD様からこのブログを読んで感動しました、とメールをいただきました。ありがとうございます。
私もまれにどうしたらふさわしいパートナーに出会うことができるのか質問を受けますが、<直感力>だと思います。結婚や恋愛だけではないのです。仕事においても、全てのことにこの<直感力>は通じます。チャンスが来たら逃がさないことです。どんな人でもチャンスは平等に与えられます。それをチャンスと受け止めるのか、逃してしまうのかは直感力しだいです。直感力は理屈ではないので理屈でものを考える人には難しいかもしれません。
直感力を磨くための一番簡単な方法は瞑想です。もしくはいひとりで静かに考える時間を持つ=心の声を聞くことです。心の声?!なんて言っている人は理屈の人なのです。直感力は誰でも持っています。霊感もそうです。それに気づくか気づかないだけです。
結婚に関しても恋愛か見合いかはその人の性格で大体どちらに向いているかは判断できます。直感でものごとをすすめる、要は私の様な行動派(能動的)は恋愛、過去恋愛に挫折を何度も味わった人で受動的な性格の人はお見合いが良いでしょう。私のようなタイプはたとえ挫折感を味わってもすぐに切り替えが出来るのですがそうでないタイプであれば紹介から入った方が安心感があります。見合いから恋愛をすれば良いのです。
そして大事なのはただ、<結婚したいから結婚する><結婚してステイタスを得る>類の動機の結婚は離婚に至る確率が非常に高いです。結婚したいから結婚する、という動機ほど危険なものはありません。相手に出会って初めてそう思うものなのです。そして幸せになりたい、これも危険です。そうではなくて<幸せにしてあげる=無条件の愛>です。特に女性は男性を立てる役割を担っています。男性は女性の支えがあってこそ本当の意味での立派になれるのです。女性は男性にはなれません。男性もまた女性にはなれません。ですから男女は併せて<人>です。これがパートナーとできるのかが一番大事なことなのです。
そして、今は良くなくても将来性を感じる(まさにギュラがこのパターンです)なら貴方の先見性を信じてGO!です。私はギュラをパートナーに選んだのは私の賭けでもありました。こちらは最初は苦しいけど育てる楽しみがあります。株を選ぶ様に人を選べ、とも言います。この手法は従業員を選択する助けにもなるでしょう。全ては<直感力>です。
直感力は脳からですから汚い空間より豪華で優雅な空間は脳に良い刺激を与えます。
そして質の悪い食べ物より質の良い食べ物です。また、周りに批判される人を置くより応援してくれる人を置くことです。脳にも心にもたくさんの味方をつけましょう!
[PR]
by gm-artgrace | 2006-05-16 16:09 | その他
<< 明楓(めいふう) 大原三千院にて >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧