「ほっ」と。キャンペーン
ギュラ&みゆきのダイアリー

プロフィール

ニャリみゆき

兵庫県西宮市出身。 高校在学中より子供ミュージカル劇団に所属。ミュージカル女優を夢見て大阪音楽大学声楽科に入学。音大在学中よりMC(司会)、モデルなどの勉強を始める。
音大卒業後は子供達にピアノを教え始める。またプロ社交ダンサー(JBDF)としても活躍。歌の成長が遅かった為、20代は歌以外の様々な経験を積む。
2004年より自身のプロデュースで、ニャリ ギュラ氏とディナーコンサートを始める。また2006年にGM Art Grace(株)を設立。
ローマその3 
 ボルゲーゼ美術館を9時に予約していたので、ホテルからの散歩道を通って行きました。
f0019063_151635100.jpg

ここは制限時間が2時間ということで、11時には退出しなければならず、絵画もたくさんあったのでじっくり見ていたら、あっという間の2時間でした。(えっ、もう退出?!)

午後はバスに乗ってナヴォーナ広場近くにバスで向かい、教会めぐり。
ローマには素晴らしい教会がたくさんあって回りきれないくらいの数がありますが、頑張って見学しました。

サンティニャツィオ教会。
f0019063_15191716.jpg

絢爛豪華な祭壇。
f0019063_1520584.jpg

スタッコ装飾の祭壇がとても素晴らしいです。
f0019063_15205138.jpg

ベルニーニの天使の像の様な、天使の像です。
f0019063_1522223.jpg

ここの教会もまた彫刻が素晴らしかったです。
f0019063_15242138.jpg


サンタマリア・デッロルト教会。
地球の歩き方(ガイドブック)にも掲載されていないので、マイナーな教会だったのですが、中は非常に美しかったです。
f0019063_15272826.jpg

祭壇も綺麗。
f0019063_1528595.jpg

受胎告知の絵
f0019063_1529691.jpg

f0019063_15293029.jpg


トラストヴェレ地区に移り、サンタマリア・イン・トラストヴェレ聖堂の祭壇。
f0019063_15474294.jpg

祭壇の上に描かれた受胎告知。
f0019063_15515655.jpg


サンタチェチーリア・イン・トラストヴェレ教会。
この地区はローマの中でも、あまり観光地区ではなさそうで、わりとひっそりとしていました。
暑い中、教会はどこかと探す中、白い精霊(?!)のハトが場所を知らせてくれた様です。
f0019063_15312929.jpg

やっと教会が見つかった、という教会でした。
f0019063_15332957.jpg

f0019063_15343985.jpg

祭壇の下には聖チェチーリアの像があります。このチェチーリアは古代ローマの裕福な家の女性だったらしいです。若くして殺されたのでしょうか?
f0019063_15533040.jpg

ここには彼女のお墓があり、この聖女の遺体をそのまま彫刻にしたものらしいです。
今や聖チェチーリアは音楽の守護聖人らしいです。

美しいイエス様の像もありました。
f0019063_15542991.jpg


そして、最後に訪れたのはサン・フランチェスコ・ア・リーパ教会。
f0019063_15575825.jpg

ベルニーニ晩年の傑作、福者ルドヴィカ・アルベルトーニの彫刻。
f0019063_15583372.jpg

80歳近い年齢で、この作品だそうです。

受胎告知
f0019063_15585712.jpg

この教会で珍しい光景。赤ちゃんの洗礼式を見ました。
日本でいうお宮参りの様な感じですね。
f0019063_15595468.jpg

f0019063_160972.jpg

ローマ最後の日にファンタスティックな儀式、そして、ファンタスティクな彫刻を見ることができて、ローマの目的はほぼ果たせました。

足や腰は毎日くたくたに疲れましたが、猛暑のローマ中をよく二人で歩いたものだ、と思いました。

小さな教会も含めるとローマでは20近い教会を訪れています(驚)。

ローマにはまだまだ見所はありますが、6日に到着して、まる4日観光にあてて、11日に次の街に移動で5泊しましたが、隅から隅まで見ようと思ったら、1週間は必要だと思いました、ということは7泊8日滞在すると、見所は全部見れます。

私達は初めてのところ地図を見て、徒歩を中心に公共交通機関で移動しましたから、時間はかかりましたが、じっくりと街を堪能できました。

ツアーの観光だと案内はひととおりしてくれますが、じっくりというよりかはかなり端折って観光するので、名所をささっと案内されたい方にはツアーはよいと思います。

ローマは彫刻・絵画・建築が素晴らしいです。街自体が芸術です。
ギリシャ・ローマ時代からの名残りも残っていて歴史が非常に古いですが、街自体は観光地化していて垢抜けています。
ローマも殺戮・殺戮の歴史なのに、さほどエネルギー的に重さを感じないのは、建物をリニューアルしていて観光地化していて垢抜けているからですね。

次に向かうフィレンツェやベネチアの方がエネルギー的には重かったです・・・。

続く・・・。
[PR]
by gm-artgrace | 2010-07-10 15:13 | その他
<< ローマからフィレンツェへ ローマその3 フォロロマーノは... >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧