ギュラ&みゆきのダイアリー

プロフィール

ニャリみゆき

兵庫県西宮市出身。 高校在学中より子供ミュージカル劇団に所属。ミュージカル女優を夢見て大阪音楽大学声楽科に入学。音大在学中よりMC(司会)、モデルなどの勉強を始める。
音大卒業後は子供達にピアノを教え始める。またプロ社交ダンサー(JBDF)としても活躍。歌の成長が遅かった為、20代は歌以外の様々な経験を積む。
2004年より自身のプロデュースで、ニャリ ギュラ氏とディナーコンサートを始める。また2006年にGM Art Grace(株)を設立。
ローマその1 教会めぐり
 ローマ滞在2日め、今日から毎日教会や美術館、名所をくまなく見学です。

朝、9時にホテルを出発し、歩いてバルベリーニ宮に向かいました。バルベリーニ宮は美術館となっており、絵画を中心に楽しみました。

そして、サン・カルリーノ・アッレ・クワットロ・フォンターネ教会。
f0019063_1241427.jpg

f0019063_1704028.jpg

フランチェスコ・ボッロミーニ建築のバロック様式の教会です。楕円形のクーポラが美しい教会でした。
f0019063_1701777.jpg

サンタ・スザンナ教会。
f0019063_12105733.jpg

f0019063_1735593.jpg

そして、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ作の聖テレーザの法悦のあるサンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会。
f0019063_12155888.jpg

f0019063_1771563.jpg

実物は写真で見るよりずっと素敵です。
天井画も素晴らしいです。(下方が地獄で上が天界です)
f0019063_178352.jpg

サン・ベルナルド広場のモーゼの噴水はリニューアル中で見れませんでした。

この頃になると足・腰がくたくたで、徒歩でめぐりましたが、教会の中が休憩所になりました。
外は猛暑ですが、教会の中はとても涼しいです。
共和国広場
f0019063_12525139.jpg

そして、ミケランジェロが設計したサンタ・マリア・デッリ。アンジェリ教会。
外から見たら質素な感じがしますが・・・
f0019063_17375612.jpg

中はとても空間の広い、大きな教会でした。
f0019063_17384375.jpg


午後になり、ローマ国立博物館(マッシモ宮)で彫刻を中心とした美術館を訪れましたが、二人とも共通の意見で、ギリシャ・ローマ時代は奥が深すぎて理解し難いと。
彫刻の数があまりに多すぎて、どの人か分からないのです・・・。

次は、テルミニ駅近くにあるサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂へ。
f0019063_17154793.jpg

中世のモザイク画がたくさんある教会でした。
祭壇上に描かれているキリストのモザイク画が素敵でした。
f0019063_1716875.jpg

夕方6時を過ぎてもヨーロッパは昼の様に明るくて、夜9時ごろまで明るいので、観光したい人には嬉しいです。

昨夜はライトアップされたトレヴィの泉を見ましたが、今はまだ明るい時間のトレヴィの泉です。
f0019063_17192433.jpg

バロック芸術の傑作といわれています。記念撮影するのも人が多いです。
f0019063_1721675.jpg

それと私が美しい!と感激した彫刻があります。

スペイン階段近くにあるミニャネッリ広場にあるオベリスク(塔)の彫刻です。
誰の彫刻かわからなかったのですが、周りに4体の彫刻がありましたが、髭から服から、まるで生きているみたいに感じられました。
f0019063_172242100.jpg

そして、アヴェ・マリアの歌詞が
f0019063_17333841.jpg


まだまだ行きました。
サンタマリア・トリヴィオ教会
f0019063_1145031.jpg

f0019063_11462068.jpg

天井画が美しかったです。天使の彫刻も素敵。
f0019063_11463612.jpg

サンタンドレア・デッレ・フラッテ教会
f0019063_11474466.jpg

ベルニーニの天使像(左側)は素晴らしい彫刻です。
f0019063_11521713.jpg

もう一体(右側)はクリーニング中でした。

夕方のスペイン広場のトリニタ・ディ・モンティ教会ではミサが行われていました。
f0019063_12434482.jpg

f0019063_1244465.jpg

今日はたくさんの教会をめぐるために街中を歩き回り、汗がびっしょりになって、足腰もくたくたになりました。
[PR]
by gm-artgrace | 2010-07-07 23:49 | その他
<< ローマその2 ヴァティカン GM海外研修旅行 その1 ロー... >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧