ギュラ&みゆきのダイアリー

プロフィール

ニャリみゆき

兵庫県西宮市出身。 高校在学中より子供ミュージカル劇団に所属。ミュージカル女優を夢見て大阪音楽大学声楽科に入学。音大在学中よりMC(司会)、モデルなどの勉強を始める。
音大卒業後は子供達にピアノを教え始める。またプロ社交ダンサー(JBDF)としても活躍。歌の成長が遅かった為、20代は歌以外の様々な経験を積む。
2004年より自身のプロデュースで、ニャリ ギュラ氏とディナーコンサートを始める。また2006年にGM Art Grace(株)を設立。
音楽を通して伝えたいもの
 私は今若干の生徒ですが、個人レッスンで声楽とピアノを教えています。
昔は幼稚園並みのたくさんの未就学児童を中心に教えていましたが、今は新規生徒の募集は大々的にしていないので個人レッスンの方では細々と教えています。

今日はバッハのインベンションをレッスンしている小学校5年生の生徒のレッスンでしたが、彼は遠方から来ているので月2回の2時間のレッスンをしています。

バッハを教えていてつくづく感じるのはバッハの音楽の深さ。それは聖書の様です。
15曲のインベンションの中に学ぶべき和声はもとより、人間の感情表現までもが15曲の間に網羅されています。私は改めてバッハの曲の素晴らしさに気づいています。

音楽を通して何を教えるか? <精神>、そして音楽が持つ<気品>です。

それは椙山先生がいつも講座の中で伝えていること。

精神を学ぶためには音楽だけではいけない、音楽の後ろにある哲学、その他の芸術までも総合的に知る必要があります。

私はピアノを教え始めたころから20代はとにかくいろんな音楽教育メソッドを勉強しました。
樹原先生のピアノランドメソッド、北山智恵先生の講座、全調メソッド、リトミックなど日本では著名といわれる先生方のありとあらゆる教育法を学びました。
そして最後に行き着いた<これだ!!>という講座が椙山先生の講座でした。
今までに椙山先生の様な講座を見た先生はいません。
音楽以上に大事な精神を学ばせてくれるのです。未だかつてこの様な講座はありませんでした。
先生自身もご高齢ですが、人間的に奥の深さがある。
私は先生の講座を聞いて、いつも先生の様な人になりたい、と人間的憧れを抱く先生です。
そして椙山先生から教わったことは、私の音楽教育にも生かされています。

私は昨年から幼稚園・保育園コンサートを始めました。
対個人よりも大勢に訴えかけるものをしたい、そんな思いから始まったのが昨年からの<親子のためのコンサート>です。

一期一会になるかもしれない、だけど音楽を通して、大事なことを伝えたい。

幼稚園・保育園コンサートは私にとって大事な経験になるコンサートですので、来年以降も続けます。

さて、話はもとに戻り、
子供に曲を与えるとき、1曲、1曲が出会いです。
好きになる曲もあれば、嫌いな曲もある。人と同じです。
嫌いな曲は主に難しい曲であったり、子供の感性に似合わない選曲をした場合に生じます。
たかが練習曲、されど練習曲。曲を通して生徒に何を学ばせたいのかが重要です。

年齢によって、弾けるレベルによって、選曲が変わりますが、テクニックの奥に隠れている、ストーリーや感情表現を学ぶことこそ、将来のためには重要です。

私はそれを伝えることのできる生徒には伝えています。

インベンションを弾いているその生徒は感情表現、語彙もそれほど豊富でない。しかし、内に秘めている何かがあることを私は知っています。
それを彼が学び、気づくころに(何歳のときかは分かりませんが・・・)変化があるかもしれません。

子供の才能は上手に親が誘導し、指導者がそれを責任を持って指導しなければなりません。
指導者に求められるのは子供に対する深い洞察力と見識、経験、人間的な深さだと思います。

私はその様な教育者でありたいと、思っています。
[PR]
by gm-artgrace | 2009-09-12 14:37 | その他
<< アクティブ箕面でコンサートをしました いよいよ明日から<親子のための... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧