ギュラ&みゆきのダイアリー

プロフィール

ニャリみゆき

兵庫県西宮市出身。 高校在学中より子供ミュージカル劇団に所属。ミュージカル女優を夢見て大阪音楽大学声楽科に入学。音大在学中よりMC(司会)、モデルなどの勉強を始める。
音大卒業後は子供達にピアノを教え始める。またプロ社交ダンサー(JBDF)としても活躍。歌の成長が遅かった為、20代は歌以外の様々な経験を積む。
2004年より自身のプロデュースで、ニャリ ギュラ氏とディナーコンサートを始める。また2006年にGM Art Grace(株)を設立。
新しい声楽の生徒さん
 今日新しい声楽の生徒がレッスンに来ました。
20代後半の独身女性。以前ついていた先生に疑問を感じて、HPで私達のサイトを見つけて自宅近くの声楽の先生ということで来たとのこと。
彼女の声の悩みの解決の糸口を指摘し、良いレッスンができました。

彼女には話しましたが、私も20代の頃は声楽の師を求めて右往左往しておりました。

私の大学時代の師は2人いるのですが、2人とも亡くなっています。
大学3年のときに、ドイツ歌曲の授業でお世話になった師に師事したいと請願して大学4年のときから師事した師には頑張り屋さん、突っ走り娘などと呼ばれて可愛がってもらった師は残念ながら病気で他界し、それから私の声楽の師を求めて三千里の旅が始まったのです。

いろんな先生に師事してみてはやめての繰り返し、私自身声に伸び悩んでいたので、それを理解し指導してくれ、私と相性がピッタリの師がなかなか見つからず右往左往していたのです。

ですから社交ダンスにはまってみたり、歌以外の勉強も熱心にしておりました。

そんな中、29歳のときだったと思います。転機が訪れたのでした。

22歳の頃から、私はピアノの教授法の勉強で東京に月2回通っていました。
その当時お世話になっていたピアニストの師にある声楽の先生を紹介していただきました。
それが釜洞祐子先生でした。

釜洞先生は素晴らしいソプラノ歌手で先生の声を聴いてうっとりする様なレッスンが何回か続き、
たまたま大阪の某ホテルで出会ったテノールの新井直樹先生にはイタリアオペラを習い(新井先生のレッスンはカルチャーショックでした)、
当時のピアニストから紹介して頂いた安富しもよ先生のヴォーカルトレーニングで開眼して、
現在の私の発声法に至ります。

今でも習う曲によって師事する先生を変えています。

この方法は本来こんがらがるので普通ではあまりできないことなのですが、20代のころにたくさんの声のコンプレックスを抱えすぎて右往左往していたことが、今になって生きているのです。
要領が逆に良くなって、この先生のこの素晴らしいところを学ぼう、と自分がカメレオンの様になっているのです。良く言えば、器用になったというか。

私のプロフィールには師事する先生の名前は一切書かないのはいろんな先生に師事していているからです。

発声法に悩んで悩んだ末に私のオリジナルを見出したのです。
今も勉強を続けていますが、コンプレックスも克服して楽になりました。
声楽の勉強に終わりはありません。

今お世話になっている師が関東の師なので足しげく飛行機で飛んでおります。
お金と時間をかけて頑張っています♪
f0019063_1823537.jpg

[PR]
by gm-artgrace | 2009-06-26 23:47 | GM Art Grace
<< 杭瀬幼稚園でコンサートをしました 撮影会 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧